凍傷 ~ 皮膚やその下の組織が凍ることによって起こる損傷



凍傷は、皮膚やその下の組織が凍ることによって起こる損傷です。どの程度の凍傷でも、長期的な神経障害が起こります。


どの鶏種も凍傷にかかりやすいです。凍傷の大半は、羽毛のない部分で、鶏冠、肉垂、つま先、脚に起こります。


鳥の中心部の温度が下がると、体は自動的に四肢からの血液循環を減らし、重要な器官が適切な酸素供給を受けられるようになります。血流が減少すると、壊疽と呼ばれる組織の壊死が起こります。


壊疽の同定には最初の凍傷から数日を要します。皮膚組織はやがて硬くなり、黒くなります。腐敗する組織の量は、凍傷の深さと低温にさらされる時間によって異なります。

凍傷の病期



凍傷の重症度は、重大な二次的合併症を伴わない完全な回復から、凍傷後の壊疽、脱落、四肢切断まで様々です。重症度は、絶対温度、風冷、暴露期間、湿性・乾性冷感、浸漬、年齢、および鳥の全体的な健康状態などの因子に依存します。


●ステージ1


フロストニップ(冷えた部分の皮膚がしびれ、腫れて赤くなる寒冷障害)と呼ばれ、皮膚の表面レベルの凍結を伴います。鳥の鶏冠や肉垂は、オフホワイトの薄い色になります。足が侵されると、少し赤くなります。


●ステージ2


凍結が続くと、皮膚は完全に凍りついて硬くなりますが、深部の組織は侵されず、正常なままです。


●ステージ3~4


重度の凍傷では、この段階で皮膚のすべての層とその下の組織が侵されます。患部組織は乾燥するにつれて黒くなり(壊疽によって)、ゆっくりとミイラ化して周囲の健康な組織から離れます。


鳥類が凍傷になると、生存組織にみられる長期的な影響には、寒冷再傷害に対する感受性の増大、感覚喪失、循環低下、変形性関節症などがあります。鶏冠や肉垂では、青みがかった色や紫がかった色になります。

臨床兆候



●鶏冠及び肉垂の先端又は縁の変色又は黒ずみ

●脚または足指の発赤

●冷たい皮膚や硬い皮膚

●足指の黒ずみ

●鶏冠、肉垂、足指の腫れ

●血で満たされた水疱

治療



●組織がまだ凍結している場合


温まった(体温 (40~42C)水風呂で、すばやく温めます。


患部を温めなおすために、直接熱(ヒートランプ、ドライヤー、カイロなど)を使用しないでください。


凍傷になった組織をこすったり、マッサージしたり、ゆすったり、その他の物理的な力を加えたりしないでください。


歩くと被害が大きくなるので、凍った足やつま先で鶏を歩かせないでください。スリングタイプの拘束具、そえ木、またはラッピングを使用して動きを制限します。


黒くなった部分は剥がしたりしないでください。これらの領域は実際に残りの生きている組織を保護します。黒くなった部分を取り除くと、下の生体組織が露出し、感染のリスクが高まります。


鶏は外に戻さないでください。患部の再凍結の可能性がある場合は、解凍した後に再凍結すると、その領域にさらに広範な損傷を引き起こす可能性があるため、解凍を試みないでください。鶏は温かい環境で支持療法を行います。


●支持療法


患部を温めたら、患部をそっと包む(あまりきつくないように)。複数の足指がある場合は、必ずそれぞれの足指を別々に包みます。ラップをした後、鳥が再び寒さにさらされる危険のない静かで快適な回復エリアで管理します。また、獣医さんに診てもらうようにしてください。


重症度によっては入院が必要になることもあります。凍傷は非常に痛みが強いので、たいていの場合は痛み止めが必要です。二次感染の予防に役立つ予防的抗菌薬が適応となることがあります。


●ストレプトキナーゼ治療および急速な復温


組織の損傷が減少し、凍結から12時間以内に投与した場合に最も効果的であり、治療が48時間まで遅延した場合でも依然として有効でした。

予防



鶏小屋を防寒(防寒と防風)で保護し、敷材を乾いた状態に保ち、適切な換気を確保して湿気の蓄積を防ぎ、熱源(ヒートランプ以外)を設置して、鶏を低温から保護します。


凍傷の徴候がないか、寒い夜を過ごした後に、各鶏、特に大きな鶏冠と肉垂をつけた鶏の身体検査を行う。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336×280