骨折 ~ 非常に痛みを伴う外傷



骨折は鳥にとって非常に痛みを伴う外傷の一種です。 骨折は、主に強い力の衝撃または落下の結果として発生します。 ただし、骨が弱くなる可能性のある基礎疾患および状態の鶏は、骨折のリスクが高くなります。


たとえば、産卵鶏は過剰な産卵の結果として骨粗しょう症に悩まされることがよくあります。 鳥はまた、既存の感染症または腫瘍を持っている可能性があります。


骨折は鳥の体のどの骨にも起こりえます。骨折には多くの種類があり、周囲の皮膚に損傷を与え、皮膚を貫通するものは複合骨折または開放骨折として知られています。

骨折したニワトリの治療



治療は、手術を必要とするニワトリもあれば、包帯/副子固定と安静および理学療法のみを必要とする場合があります。


開放骨折は二次感染のリスクが高く、骨髄炎を引き起こします。 早い段階で鳥の獣医が骨折を適切に整復すると、不適切に治癒する可能性が低くなります。 ほとんどの骨折は2〜3週間以内に治癒します。

スプリントのタイプ



●8の字包帯


この方法は、肘や手根骨の骨折、または小さなひよこや非常に若いひよこに最適です。 この包帯をきつく締めすぎないことが重要です。


●Schroeder‐Thomas Splint(外固定法)


この方法は足根中足骨 (すね) および飛節関節を含む骨折に最もよく用いられます。ワイヤまたはロッドの材料から開発され、添え木の先端にあるリングの横で直角に曲げられ、脚の長軸と平行に伸びます。


●Robert Jones Bandage


この方法は、単純骨折の場合に最も適しています。それには、追加の副子材料の有無にかかわらず使用することができる、かなりパッドの入った脚包帯が必要でした。


外部接合材料は様々ですが、十分な強度を有していなければならず、人間の整形外科用鋳型(オルソプラスト、ヘキセライト)、木製アプリケータスティック、舌圧子、アルミニウム棒、または同様の材料を含むことができます。

臨床兆候



●びっこ

●移動したり立ったりしたがらない

●触診の痛み

●腫れ

●緑の変色(あざ)

●患部周辺の変色した皮膚

●異常な角度

●負傷した場所に体重をかけることができない

●出血(開放骨折の場合)

治療



●支持療法


鳥を群れから隔離し、新鮮な水や食餌を与えてストレスのない安全で快適で暖かい場所で管理する。


●安定、安静、理学療法


非常に軽症の場合にのみ必要なことかもしれませんが、これを確認する唯一の方法は、獣医を訪ねてX線写真を撮ることです。


●手術


鳥の骨折のほとんどに推奨されています。


●リハビリテーション・理学療法


鶏用車椅子又はスリングを使用

予防



●鶏を扱うときは優しくし、走っているときは決して足で捕まえようとしないこと。

●衝撃による損傷のリスクを最小限に抑える

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280