フォックステイル(Foxtails) ~ 馬の口腔にダメージを与える鋭い穂状花序を持つ植物群



フォックステイルグラス(エノコログサ)は、食べると馬の口腔にダメージを与える鋭い穂状花序を持つ植物群からなります。最も頻繁に観察される種は以下の通りです。

●きんえのころ (金狗尾)

●羽毛草、針草

●ホソノゲムギ

●ウマノチャヒキ



フォックステイルには、キツネの尻尾に似た細い針金状の剛毛があります。これらの剛毛には鋭い小穂があり、小さな上向きの棘があります。


馬がこの植物を食べると、馬の口腔組織に食い込んでしまうことがよくあります。馬の口から毛を取り除かなければ、時間の経過とともに、潰瘍ができます。


潰瘍は、変色した部分や、白く盛り上がった円形の部分として現れます。また、舌や歯茎、頬に深い潰瘍ができると、膿瘍になることもあります。


質の低い干草を与えられた馬は、通常、これらの植物を食べてしまうリスクがあります。時には馬がフォックステイルの混入による痛みのために干草を食べるのを拒否するようになるかもしれません。


干し草のベールは、馬に与える前に、特に遅く刈られた場合は必ず検査する必要があります。


また、牧草地でもフォックステイルを検査する必要があります。馬は他に食べるものがない場合、牧草地でフォックステイルを摂取してしまう可能性があるからです。

症状



●過度の唾液分泌

●食欲減退

●舌および口腔組織の潰瘍

●干し草を食べることを拒否する

診断



●病歴

干し草や牧草地でのフォックステイルの識別

●臨床徴候

●身体診察

治療



●支持療法

●管理

馬の食餌からのフォックステイルを除去する。

予防



※馬に与える干し草は、必ず品質の良いものを与え、点検してから与えます。

※牧草地を歩き、フォックステイルが牧草地に存在するかどうかを評価し、存在する場合は適切に除去するか、柵で囲う。

スポンサーリンク
336×280