家禽コレラ(法定伝染病)



病名
家禽コレラ(法定伝染病)

病因
Pasteurella multocida

主な宿主
鶏、七面鳥、水禽類、野鳥

発症日齢
卵用鶏:産卵開始後

肉用鶏:30~50日齢

病気の伝播
速い、水平

死亡率
70%以上

症状
沈うつ、発熱、食欲廃絶、羽毛逆立、下痢、呼吸促拍、チアノーゼ、肉冠・肉垂のチアノーゼ

2~3日の経過で死亡

肉眼病変
諸臓器、十二指腸、皮下織、心冠部脂肪織の点状出血斑、肝・脾臓の腫大・黄白色壊死斑、肺水腫、心膜液・腹水の増量、異常卵胞

甚急性例:肉眼病変はない

診断
部検所見、血液・臓器の塗抹標本の菌観察、菌分離

予防・対策
日本では発生していない

家禽コレラ(パスツレラ症)をもっと詳しく



家禽コレラ(FC)は、パスツレラ・ムルトシダによって引き起こされる感染力の高い細菌性疾患です。病原性の異なるP.multocidaには多くの血清型があります。 FCは、哺乳類を含む野鳥と家禽の両方に見られます。成長期の若い鳥が最も感染しやすいです。


この疾患は鳥類では急性敗血症として最も頻繁に見られ、死亡が最初に観察される徴候です。しかしながら、より慢性的で無症候性の病型も起こりえます。


臨床徴候が発現する場合、最も頻度の高いものには、下痢、羽毛の逆立て、呼吸数の増加、抑うつ、死亡直前の青みがかった色から紫色のチアノーゼなどがあります。


鶏が回復したり、慢性感染症にかかったりすることもあります。慢性FCは一般的に、体の特定の部位、特に膝関節または翼関節、足蹠、腱鞘、耳、副鼻腔、小節、または胸骨滑液包の局所感染症として起こります。


慢性感染症が耳に及ぶ場合は、通常は中耳および頭蓋骨に関連しており、斜頸を来たします。

伝播



●感染鳥との直接接触


感染した鳥から分泌され、互いに密接に接触する必要がある。


●摂取


最も一般的な経路は、感染した宿主の糞便による環境、飼料、または水の汚染です。


●捕食者による攻撃


野生動物または家畜からの攻撃(イヌ、ネコまたはその他は、口腔内に大量の細菌を保有していることが知られている)。捕食者に噛まれたりしたニワトリは、直ちに適切な抗生物質で治療しなければないけません。


●媒介


機器、衣服、ケージ、給餌器などの汚染


P.multocidaは、発生後数週間、環境に残留する可能性があります。また慢性的に感染した保菌鶏は、この病気の蔓延において主要な役割を果たし、感染した鳥は生涯保菌鶏であり続けることができます。

臨床兆候



●嗜眠

●羽毛を逆立てる

●ペースト状または黄色の下痢

●口からの粘液の分泌物

●鼻汁

●呼吸数の増加

●腫れた肉垂

●跛行、歩行困難

●暗色の頭と鶏冠

治療



●支持療法


鳥を群れから隔離し、新鮮な水や食餌を与え、安全で快適な暖かい場所に置きます。またストレスのない生活をさせます。


●抗生物質


スルファメタジン、ノルフロキサシン、ペニシリン系薬剤、オキシテトラサイクリン、ドキシサイクリン

予防



●弱毒生ワクチンの飲料水投与

●げっ歯類、野鳥、その他の動物が禽舎や禽舎付近で糞便を落としたりしないようにする

●ネコやイヌとの接触、またはネコやイヌが生息する環境との接触を最小限にする

●バイオセキュリティ

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336×280