家禽チフス ~ ニワトリのサルモネラ感染



家禽チフス(FT)はニワトリのサルモネラ感染、特にサルモネラ・ガリナラム(Salmonella Gallinarum)に起因する幾つかの疾患の一つです。


この病気は通常、鶏群で急速に発生し、1週間以内に進行しますが、時には鳥が回復するのに最大5週間かかる慢性的な形で現れます。


FTは、プルロラム病と同様の症状と診断ですが、FTは12週齢以上の成鶏で発生する可能性が高くなります。

伝播



S.gallinarumは、最も一般的には、キャリアの種禽を介して垂直に伝わり、孵化卵を介してニワトリに伝染します。また、カビ、げっ歯類、汚染された糞便、ハエ、野鳥によっても広がる可能性があります。

臨床兆候



●突然死

●食欲不振

●逆立てた羽毛

●青白い鶏冠・肉垂れ

●粘り気のある(黄緑色の)下痢

●喉の渇きの増加

●垂らす

治療



●支持療法


鳥を群れから隔離し新鮮な水や食餌を与え、安全で快適な暖かい場所に置きます。またストレスのない生活をさせます。


●抗生物質


スルファキノキサリン

予防



●ワクチン接種:一部の国では生ワクチンと不活化ワクチンが利用可能です。

●バイオセキュリティー

●適切な衛生状態を維持する

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280