ぺっとくすり

腐蹄症(Footrot) ~ ヤギは足の手入れを怠ると腐蹄症にかかりやすくなります



腐蹄症は、伝染性、衰弱性、炎症性の細菌性疾患です。これは、ディケロバクター・ノドーサス(Dichelobacter nodosus)とフソバクテリウム・ネクロフォーラム(Fusobacterium necrophorum)細菌によって引き起こされます。


腐蹄症は羊とヤギに感染し、暖かく湿った気候の地域で多く見られます。ヤギは、足の手入れが遅れると腐蹄症にかかりやすくなります。また、過密な畜舎で管理されている群では、より頻繁に発生します。


腐蹄症は、臨床徴候が軽度の場合は良性の腐蹄症、感染が重度の場合は病原性の腐蹄症と呼ばれることが多い。重症度は、感染した細菌株の毒性、気候条件およびヤギの品種に依存します。


ヤギの5~10%が腐蹄症の慢性キャリアになります。一度、群が腐蹄症に感染してしまうと、根絶するのは困難です。


伝播:腐蹄症は通常、保菌動物またはその糞との直接的または間接的な接触によって広がります。また、媒介物を介して広がることもあります(設備、衣類、タイヤなど)。

症状



●軽度の趾間皮膚炎

●跛行

●足の病変

●歩行困難

●衰弱する

●足を上げているもの

●歩き方に異常がある

●群から離れて横たわっているもの

治療



※足湯

硫酸亜鉛を使って足を浸す。

※オキシテトラサイクリン、長時間作用型

20mg/kg、皮下または筋注、単回

予防



※ヤギやヒツジを購入する際には、腐蹄症に感染したことのある群れから購入してはいけません。

※群に導入する前に、少なくとも30日間は検疫してください。

※衛生的で清潔な飼育環境を維持する。

※群の定期的な足のトリミングの維持

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280