口蹄疫(Foot and mouth disease) ~ 伝染性の高いウイルス性疾患



口蹄疫(FMD)は伝染性の高いウイルス性疾患であり、すべての(野生および家畜の両方の)家畜に影響を及ぼします。


FMDは、ピコルナウイルス科のアフトウイルス属のエンベロープを持たない二十面体の一本鎖RNAウイルスによって引き起こされます。


FMDは高度に規制されており、世界動物保健機関(WHO)のOIEリスト入り疾患です。


通常、ヤギは不顕性のFMDを発症し、他の種の感染源となります。ヤギがFMDの徴候を示す場合、口よりも足に関連していることが多い。


子山羊では、心筋炎による過急性死はしばしば他の徴候を伴わずに起こります。


FMDに特異的な治療法はありませんが、感染動物の回復を助けるための支持療法を行うことができます。


伝播:FMDは、エアロゾル化したウイルスの吸入または擦過した口もしくは足の上皮へのウイルスの直接侵入により伝播することが最も多い。

症状



●元気消失

●食欲減少

●震え

●発熱

●落ち着きが無い

●唇を鳴らす

●よだれ

●心拍数と呼吸数の増加

●中絶

●びっこ

●口の中、乳頭に液体が入った小水疱

●腐肉形成組織

●痛みを伴う潰瘍

●立ったり移動したりすることへの抵抗

●冠状動脈帯の分離

●死亡

治療



※抗生物質

発疹性潰瘍からの二次的細菌感染の予防またはコントロールのために

※足湯

足または患部がある場合は、5%過マンガン酸カリウム溶液を使用

※外用消毒薬

潰瘍の場合

予防



※アジュバントを併用したワクチン接種

※バイオセキュリティー

感染症の伝染のリスクを最小限に抑えるために、動物や植物への有害な生物の侵入や拡散を防ぐことを目的とした対策。

この記事のURLとタイトルをコピーする
スポンサーリンク
336×280
キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280