ヒアリ(火蟻)の攻撃 ~ 鳥を繰り返し刺したり噛んだりして攻撃します



ヒアリ(Solenopsis invicta)は、米国南部に蔓延している攻撃的なアリ種です。ヒアリは南アメリカ原産であり、1933年に貨物船に侵入することにより、ブラジル中央部から北米に持ち込まれました。


ヒアリは、高さが45センチメートル、幅が60センチメートルにも達する、さまざまな種類の巨大な塚を作ることで知られています。各蟻塚には多くの場合、地表から1.5メートル~1.8メートル下まで延びる複数のトンネルを掘ります。


腐りかけの丸太や切り株があれば、ヒアリはこれらの構造物を盛り土に組み込むことが多い。また、建物の中や下に土塁を作ることでも知られています。ヒアリは牧草地や都市の庭など日当たりのよい開けた場所に巣を作ることを好み、鶏小屋の近くでよく見られます。


ヒアリはニワトリにとって、特にひなや小型の鶏種にとって重大な危険因子となります。ニワトリがヒアリ塚を偶然乱すと、攻撃的なアリの大群が急速に発生し、鳥を繰り返し刺したり噛んだりして攻撃します。


激しい痛み、局所的な壊死、腫れを引き起こすアルカロイドを含む毒を注入します。鳥の大きさと健康状態は外傷の重症度に影響し、鳥の大きさや攻撃するアリの数によっては、死んでしまうこともあります。最初の攻撃に耐えることができた鳥は、アリの刺し傷や咬傷によって局所的な壊死領域に関連した二次感染を起こします。

臨床兆候



●腫れ

●限局性病変または壊死

●近くでヒアリや塚を確認

治療



●アリ咬傷を予防する


ヒアリの発生源からできるだけ早く鳥を取り除く。鳥についたままのヒアリを払い落とします。


●何もしない


水ホースでアリを噴射してみてください。噴射された場合、アリは顎でしがみつき、繰り返し刺すでしょう。


●Penetran


咬傷および熱傷に対して局所的に適用する

予防



●割れた卵、生ゴミなどを放置せず取り除きます。

●ニガヨモギ油は、ヒアリの個体数を減少させる自然の代替物になりえるかも知れません。

●(Gulf Coast Biotic Technology、ANTidote)と表示されたある種の有益な線虫

●スピノサド – 動物が曝露される可能性のある牧草地の個々の蟻塚で使用できるのは、製品Justice®のみです。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280