羽毛のつつきや共食いなどの行動障害



羽毛のつつきや共食いなどの行動障害 (Severe feather-pecking(SFP)) とは、鳥が他の鳥の羽を強くつついて引き抜くことです。ニワトリでは一般的な行動上の問題であり、広範な羽の喪失、外傷性損傷、およびときに攻撃下のニワトリの死亡を引き起こします。


SFPはまた、迅速かつ正確に対処しなければ、鶏群間の共食いつながる可能性があります。鳥が羽がつつく原因には、次のようなものがあります。


●生活環境


過密な生活条件、過度の光、および鶏群に十分な巣箱やねぐらのスペースがないと、羽毛を突かれる可能性があります。


●環境ストレス


高温にさらされた鳥や急激な気候変化の発生は、鳥にストレスを与え、攻撃的な行動を引き起こします。


●食餌


鳥は、食餌に含まれるタンパク質、リン、ナトリウムの量が不十分だったり、高エネルギー・低繊維食が過剰だったり、新鮮な野菜が不足したりすると、攻撃的な行動をとるようになります。


●管理関連


鶏は本能的に病気の鶏や負傷した鶏を捕食する傾向があるため、負傷した鳥は完全に回復するまで他の鳥から離れた別の場所に移動する必要があります。


●鶏群の規模


鶏群の規模は30羽以上がよいでしょう。


●集団内部での力関係


羽をつつくのは、異なる年齢、品種、色、大きさの鳥が一緒に育っていない鶏群でもよく起こります。

臨床兆候



●羽がない

●破損した羽毛

●他の鶏群に対する攻撃的な行動

●他の鳥を追いかける

治療



●支持療法


鳥を群れから隔離し、新鮮な水や食餌を与えてストレスのない安全で快適で暖かい場所で管理します。


●環境改善

予防



●環境を豊かにする

●過密飼育しない

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336×280