毛包嚢胞 ~ 黄色~白色の物質の蓄積を含む卵形または細長い結節、腫瘤として現れます



毛包嚢胞は、黄色~白色の物質(ケラチンとして知られる)の蓄積を含む卵形または細長い結節、腫瘤として現れます。


感染症、遺伝、過去の外傷または羽毛の損傷、または正常な羽毛の成長を妨げるあらゆる状態の結果として発生することがあります。烏骨鶏の品種は独特の羽毛のために毛包嚢胞を発生する遺伝的素因を有します。


毛包の片側だけに損傷が生じると、皮膚を貫通できない非対称な羽の成長が起こります。その結果、毛包内でカールして戻り、羽毛の代わりにケラチンで満たされます。

診断



毛包嚢胞は通常、臨床徴候および腫瘤の外観から獣医が診断できます。ただし、場合によっては追加の診断が必要になることがあります。問題となっている嚢胞の細胞学的所見には通常、赤血球貪食、赤血球、背景破片の増加を伴う混合細胞炎症、多核巨細胞および羽毛断片の存在が含まれる。

治療



毛包嚢腫の治療法は、鳥の部位、大きさ等によって異なります。治療の必要がない場合もあります。

臨床兆候



●羽毛状卵胞から成長する卵円形または細長い塊または腫瘤

治療



●治療の必要はない


●手術


羽毛嚢胞は排膿または外科的切除が必要なことがあります。嚢胞は、針またはカテーテルを空洞に挿入して排膿または吸引します。

予防



●けがや外傷のリスクを最小限に抑える

●鶏が土を浴びるのに適した場所を用意します。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336×280