平飼い産卵鶏の一般的な死因-脂肪肝症候群



脂肪肝症候群(FLS)は、脂肪肝出血症候群(FLHS)および肝リピドーシスとも呼ばれ、産卵鶏の平飼いにおける一般的な死因です。脂肪酸合成の大部分が脂肪組織で行われる哺乳類とは対照的に、ニワトリでは脂肪酸合成の90%が肝臓で行われます。


鶏がFLSを発症するリスクを増加させる影響因子には以下のものがあります。




●低蛋白質高脂肪(LPHF)食


低蛋白質(粗たん白質17.5%未満)食を摂取しているニワトリと食餌に脂肪が多く含まれている場合(3.5%以上の脂肪)、リスクはさらに高まります。

これは、鳥類が肝臓から脂質を除去する独特の方法を持っているという事実に関連しています。このようにして、鳥類がタンパク質を欠乏すると、通常は不十分なアミノ酸に関連して脂質が蓄積し、脂肪肝が形成されます。


●高エネルギー飼料


トウモロコシを主成分とする高エネルギー飼料を給与したニワトリ。オオムギ飼料を給与した産卵鶏では、特に夏季にFLSの発生率が低下しました。


●加齢


高齢の鶏は若い鶏よりも、飼料に関係なくFLSを発症する可能性が高い。加えて、高齢の雌鶏は肝臓の脂肪含量がより重度に蓄積する傾向があります。


●ホルモンの不均衡


エストロゲン濃度の上昇は、肝臓に脂肪が蓄積する重要な要因です。産卵鶏は、産卵過程に含まれる変動のため、エストロゲンレベルを含むホルモン不均衡になりやすい。


●暑熱ストレス


過度の暑さにさらされること。




臨床徴候には、非特異的および肝疾患の両方があります。非特異的な徴候には、嗜眠、体重減少、食欲減退、摂水量の増加、羽の状態不良、呼吸困難などがあります。


肝疾患に関連する徴候には、低アルブミン血症に続発する肝腫大または腹水による腹部腫脹、凝固障害、下血、腹部くちばしおよび爪、色素合成の欠如に起因する羽毛の異常色、および過剰なビリベルジンまたはビリルビンに起因する緑色または黄色の便があります。


FLSの発症には強い季節的影響があり、1年の温暖な時期、特に春と夏の時期には、鶏はよりリスクが高い。

臨床兆候



●肥満

●見た目が青白い

●フケ

●嗜眠

●異常に長いくちばしまたは爪の成長

●飲水使用量の増加

●羽の状態不良

改善



鳥を群れから隔離し、安全で快適で暖かい場所に置き、ストレスのない生活をさせます。


●食餌の変更


粗蛋白質17.5%、脂肪分3.5%未満の飼料に切り替える。


●複合ビタミンB群


食事に複合ビタミンB群を追加する。特にコリン(ビタミンB4)とコバラミン(ビタミンB12)です。


●酸化防止剤


抗酸化物質を豊富に含む食事をとること。

危険因子



●鶏に過剰な量のブドウなどの高糖度の食物を与えている。

●太りすぎの鶏

●不均衡な食事

●鶏に高エネルギー、または低タンパク質および高脂肪飼料を給餌している

●Mycoplasma gallinarum (MG)に対する鶏の予防接種

●抗酸化剤(ビタミンEなど)欠乏症

●銅欠乏

●かびの生えた飼料

●毒素暴露

●甲状腺機能障害などの代謝疾患。

予防



良質のタンパク質源からの粗タンパク質含有率を17.5%以上に保つ。


脂肪含量が3.5%未満であることを確認する。


ブドウなど糖分の多いものを与えすぎない。


鶏が毎日十分に運動できるようにする、抗酸化物質を補充すること

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336×280