Fascioloides magna ~ 鹿が本来の宿主であって、牛、めん羊、豚まれに馬の肝実質内に寄生します



巨大肝吸虫:Fascioloides magna(large American fluke)、大形で長さ10cm、幅3cmに達しますが、肝蛭との違いは頭円錐がなく、体は楕円形に近く肉厚です。


虫卵は肝蛭卵に類似して大きく、109~168 x 75~96㎛、鹿が本来の宿主であって、牛、めん羊、豚まれに馬の肝実質内に寄生しますが、虫体は成熟しません。


主としてアメリカ北部に分布しますが、ヨーロッパ(イタリア、スペイン、ドイツ、チェコスロバキア)にもみられます。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280