肉芽組織(Proud Flesh) ~ 馬の創傷治癒過程で頻繁に発生する症状



過増殖性肉芽組織:Exuberant granulation tissue (EGT)は、一般的に肉芽組織と呼ばれ、馬の創傷治癒過程で頻繁に発生する症状です。


一般的に、馬の傷は治りにくく、時間がかかります。特に下肢、頭部、関節部などに大きな傷がある場合は、治癒過程がさらに複雑になります。


これらの部位の傷は清潔に保つのが難しく、感染症の存在、継続的な使用(特に脚部の場合は、馬が牧草地の土の上で転がったり、馬房の中で寝床を作ったりして、横になったり起き上がったりするのに使用する)、これらの部位の血行の低下などにより治癒が遅れる可能性が高いからです。


傷の治癒が遅れると、肉芽組織が過剰に増殖し、元の傷の周囲の皮膚の境界線よりも突出してしまいます。


この肉芽組織ができてしまうと、毛髪が生えてこなくなり、見た目も悪くなります。また、この過剰な肉芽組織は、再受傷の可能性が非常に高くなります。

症状



●過剰な組織生成

治療



※手術


創傷の創面切除


※体外衝撃波療法 (ESWT)

予防



※傷、特に下肢、飛節、または頭の傷の適切な治療を行う。

※創傷治癒に対する体外衝撃波療法

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280