セイヨウマユミ ~ 果実は家禽類が摂取すると有毒

5



セイヨウマユミ (ユーオニムス・エウロパエウス:Euonymus europaeus)は、別名では「ヨーロピアン・スピンドル」、楕円形の葉とカラフルな果実が特徴的な、大型で樹勢の強い落葉低木または小高木です。


ヨーロッパ原産ですが、観賞用として世界中に導入されています。葉は対生で披針形から楕円形、縁に細かい鋸葉があり、夏は濃い緑色、秋は黄緑色から赤紫色になります。


晩春に黄緑色の目立たない小さな両性花を咲かせ、秋に紫からピンクの莢果を成らせる。

有毒成分



セイヨウマユミの果実にはジギタリスに似た強心性ステロイドと胃腸を刺激するいくつかのアルカロイドが含まれているため、家禽類が摂取すると有毒です。

症状

下痢
衰弱

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280