ぺっとくすり

丹毒 ~ 急性の限局性皮膚感染症



丹毒(たんどく)は、豚丹毒菌 (Erysipelothrix rhusiopathiae) によって引き起こされる急性の限局性皮膚感染症です。皮膚外傷の病歴のあるニワトリで最も見られます。


豚は豚丹毒菌の主要な保菌者です。健康な豚の50%が糞便、尿、唾液、鼻汁中に本菌を排泄し、周囲環境を汚染します。土壌中に入ると、豚丹毒菌は非常に抵抗性を示し、最長5年間感染性を保つことができます。


鶏が豚と同じ敷地内、または豚が以前に住んでいた土地に住んでいる場合、鶏はよりリスクが高いです。


また淡水魚、軟体動物、甲殻類などは、2番目の重要な汚染源です。豚丹毒菌は、魚自体の病気を引き起こすことなく、魚の外側の粘液性粘液で生き残り成長します。


したがって、魚の輸送に使用される水族館や箱は、豚丹毒菌の伝染にも重要な役割を果たし、多くの人間の症例はこれらの物体との接触から生じました。


ワクモ(Dermanyssus gallinae)も豚丹毒菌の潜在的媒介者であり、保菌宿主として作用し、鶏群の感染源として鶏群間の敷地内で存続できるようにします。

丹毒の診断



丹毒は皮膚の奥深くにあるため、診断が難しいことがあります。病変の進行縁での生検および真皮全層の拡大が必要です。通常、スワブは病原体を検出しません。


PCRに基づくアッセイは豚における迅速診断に使用され、ヒトおよび環境の標本にうまく適用されています。また豚丹毒の診断には2種類のPCR法が報告されています。

臨床兆候



●紫または赤みがかった皮膚の斑点

●衰弱 虚弱

●青白い鶏冠

●不活発

治療



●ペニシリン


ペニシリンの経口または静脈内投与が第一選択の抗生物質です。100万U/galを4または5日間飲水投与し、鶏群すべての鳥類に投与する。治療は通常10~14日間必要です。


●支持療法


局所の不快感を軽減するための冷湿布(コールドパック)および鎮痛薬。頻繁に交換される生理食塩水ドレッシングによる創傷ケア。


予防


※健康な豚でもこの菌を持ってるので、鶏を豚と同じ場所に住ませてはいけません。


※水槽をきれいにしたり、淡水魚、軟体動物、甲殻類に触れた後は、よく手を洗ってください。

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280