麦角中毒症(Ergotism) ~ 全ての動物およびヒトに対して毒性を示します



麦角中毒症は、クラビセプス属:Claviceps属(クラビセプス・アフリカナ:C.africana、クラビセプス・ソルギ:C.sorghi、クラビセプス・ギガンテア:C.giganteanまたはクラビセプス・プルプレア:C.purpurea)が産生する菌核 (麦角) の摂取によって引き起こされる世界的な疾患です。


麦角菌核は硬く、黒みがかった紫色をした小さな細長い菌体で、粒とほぼ同じ大きさです。麦角は花頭の中の穀物や種子の代わりに発生します。


作物が収穫されると、麦角が残りの穀物に混じります。麦角の問題点は、麦角アルカロイドの含有量がさまざまであることです。


麦角アルカロイドは、穀物によくみられる6種類のマイコトキシンのうちの1つで、麦角アルカロイドは、十分な量を摂取すると、全ての動物およびヒトに対して毒性を示します。


ほとんどの国では食用の食品への麦角の使用が禁止されていますが、家畜の飼料には使用されています。麦角アルカロイドは、真菌の(ネオティホディウム・コエノフィアルム:Neotyphodium coenophialum)を含む内生菌に汚染された草(主にトールフェスク)によっても産生されます。


汚染された穀物、干し草、藁または草の摂取による麦角の摂取は、麦角中毒を引き起こします。ヒトおよびすべての動物種は中毒を起こしやすいですが、家畜はその飼料に含まれる飼料原料の加工方法により最も一般的に影響を受けます。


※牛に起こる麦角中毒には、壊疽性または皮膚性、高体温、生殖、痙攣の4種類があります。


●壊疽(えそ)性または皮膚性

麦角汚染飼料の長期摂取に関連します。その結果、体の一部への血流が制限され、組織が壊死したり、腐りかけた肉から悪臭がしたりします。


●高体温

体の温度調節に影響します。感染した牛は、高温の間は体を冷やせません。それは麦角の長期摂取と関連しています。


●生殖

生殖障害、流産、授乳不良、死産の子孫が生まれます。 時々、子孫は授乳反射なしで生まれます。


●痙攣

短期間に大量の麦角を急性摂取した結果、最もまれな形態であり、興奮性亢進、奇異な行動、痙攣および死亡を引き起こします。

症状



●体重増加の抑制

●乳汁分泌不全

●跛行

●壊疽

●過興奮性

●ミルク生産量の削減

●免疫抑制

●痙攣

●奇妙な行動

●流産

治療



※支持療法

予防



※汚染された飼料への暴露の可能性を認識し、兆候を把握することで、麦角中毒が発生した場合に迅速に対応することができる。


※穀物、わら、干し草を牛に与える前に必ず検査を行う

予後



予後は摂取した麦角の量および臨床徴候の重症度に依存します。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280