エルゴチン中毒 ~ 家畜飼料中の麦角濃度が低くても、健康に悪影響を及ぼす可能性がある



麦角病(ばっかくびょう)は、 Claviceps属の真菌群によって産生される麦角アルカロイドによって引き起こされます。この疾患は神経系、血管系(血管収縮とその結果生じる壊疽)、内分泌系に影響を及ぼします。


現在では、ヒトへの悪影響は大きな問題ではなくなりましたが、家畜にとっては懸念事項です。これは、家畜飼料中の麦角濃度が低くても、健康に悪影響を及ぼす可能性があるためです。


クラビセプス (Claviceps)は麦角の中に見られ、麦角は硬い紫がかった (菌核) であり、作物の開花部分(小麦、ライ麦、ライ小麦、大麦、オート麦、栽培オート麦、野生オート麦)の中で散発的な穀粒の代わりになります。


麦角は平均的な穀粒の約10倍の大きさにまで成長できるため、肉眼で見えることもあるが、非常に小さく肉眼では検出できないこともあります。麦角アルカロイドは内生植物に汚染されたイネ科牧草によっても産生されます。


麦角中毒の臨床徴候は、汚染された飼料を摂取してからわずか数時間から数カ月で現れます。最もよくみられるのは、食欲減退、羽の発達のゆがみ、くちばし、鶏冠、つま先の壊死、腸炎などです。

臨床兆候



●くちばし、爪、足の黒ずみ

●鶏冠、つま先、およびくちばしの壊死

●協調運動障害

●神経過敏

●起立不能

●痙攣

●震え

●首のねじれ

●異常な羽毛形成

●足のすねや指の甲の水疱

治療



●疑わしい食物源を破棄


汚染されておらず、栄養に富み、バランスのとれた飼料を提供する。


●支持療法


鳥を群れから隔離し、新鮮な水や食餌を与えてストレスのない安全で快適で暖かい場所で管理します。


●ビタミンおよびミネラルの補給


●プロバイオティクス

予防



●信頼できる製造元から飼料を購入する

●鶏に餌を与える前に必ず餌の質を見てください。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280