馬ウイルス性動脈炎(Equine Viral Arteritis (EVA)) ~ ウマ類にのみ発生する固有のウイルス性疾病



馬ウイルス性動脈炎(EVA)は、馬の伝染性の呼吸器・生殖器疾患であり、世界中の馬で散発的に発生しています。また世界のほとんどの国で報告義務のある疾患とされています。


EVAは馬動脈炎ウイルス(EAV)によって引き起こされます。


EAVは、オハイオ州のスタンダードブレッド繁殖農場で馬の呼吸器疾患と流産が発生した際に、流産した胎児の肺組織から分離され、米国で初めて報告されました。


EVAは繁殖家にとって特に重要で、繁殖牝馬の流産や子馬の死亡の原因となり、また、種馬に永続的な保菌状態を引き起こす可能性があります。


輸出市場では、キャリアの種馬、ウイルスに感染した精液、EAVの血清陽性の馬は入国を拒否されることがあります。ワクチン接種と自然暴露の両方が血清陽性の原因となります。


EAVに最初にさらされた時に性交渉があった種馬ではキャリア状態になり、精液中にEAVが持続的に排出されることがあります。


種牡馬は数週間、数ヶ月、数年、あるいは無期限にキャリアとなる可能性があります。キャリアの種馬は、精液中にウイルスを排出しますが、尿や呼吸器の分泌物には排出されません。

伝播



馬動脈炎ウイルス(EVAV)伝播の最も一般的な2つの経路は、感染馬の気道分泌物および精液キャリアの種馬を介するものです。


また、排泄物からの感染や、胎児期の子馬の垂直先天性感染もあります。ウイルスは凍結した精液中で何年も感染力を維持することができます。

潜伏期間



ウィルスの潜伏期間は2~14日です。


牝馬は妊娠2ヶ月から出産までの間、感染の急性期または回復期の初期にいつでも流産する可能性があります。流産は呼吸器感染後1~3週間以内に起こり、キャリアの種馬と交配したことが原因ではありません。

アウトブレイクが発生した場合



EVAが発生した場合には、感染が疑われる馬を他の感染しやすい動物から隔離することが第一の対策となります。媒介となる可能性のある動物を消毒し、感受性の高い馬にはワクチンを接種します。


集団発生に関与したすべてのヒトは、すべての活動性感染が解消された後、少なくとも3週間は隔離されるべきです。

症状



●流産

●発熱

●食欲不振

●抑うつ

●浮腫(脚、腹側体、乳腺、前立腺、陰嚢、目の周り)

●結膜炎

●運動失調

●過度の流涙

●粘膜の点状出血

●硬直歩行

●粘膜の黄変

●下痢

●蕁麻疹 (頭部および/または頸部)

●鼻炎、鼻汁

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●ELISA

治療



※支持療法

馬房休養、NSAID療法、利尿剤による浮腫のコントロール。

※抗菌薬療法

肺炎や蜂巣炎などの二次的な細菌感染を防ぐために、一部の馬に適応されることがあります。

予防



※リスクのある馬へのワクチン接種

※EAV検査のための血液サンプルは、繁殖前に採取すべきであり、ウイルス分離は、使用前に血清陽性種馬からの精液で実施すべきです。

※バイオセキュリティ

※キャリア種馬は、適切なワクチン接種を受けたものを含め、EAVの血清陽性を検査した雌馬にのみ繁殖させるべきです。

※飼育場に到着した新しい馬は、EVAなどの感染症の拡大を防ぐため、3~4週間隔離する必要があります。

予後



良好、ほとんどの罹患動物が完全に回復する。

スポンサーリンク
336×280