馬の唾石症(Equine Sialolithiasis) ~ 馬の唾液腺(通常は耳下腺管)内に石灰化した塊または唾石が形成される



馬の唾石症は、馬の唾液腺(通常は耳下腺管)内に石灰化した塊または唾石が形成される、珍しい痛みを伴う疾患です。


唾石の存在は、馬の唾液管の閉塞、唾液腺の機能障害、口腔粘膜潰瘍を引き起こします。


馬の唾石症はまた、罹患した馬に消化器疾患を引き起こす可能性があります。唾液は、その高い重炭酸含有量と胃の緩衝機能により、食道閉塞の防止に重要な役割を果たしているからです。


唾石は通常、非常にはっきりとしており、馬の顔の腫瘤を触診することで容易に認識することができ、しばしば両側に発生します。

症状



●顔の側面に硬くて可動性のある痛みのない腫大がある場合

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●X線撮影

●超音波

治療



※手術

石の除去を伴う。

※支持療法

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280