馬原虫性脊髄脳炎(Equine protozoal myeloencephalitis (EPM)) ~ ウマの中枢神経系への原虫感染によって引き起こされる疾病



馬原虫性脊髄脳炎(EPM)は、馬の一般的な神経疾患です。


この病気は、北アメリカと南アメリカに生息する馬の間で流行しています。原因は原虫のサルコシスティス・ニューロナ(Sarcocystis neurona)と、まれにNeospora hughesiです。


すべての馬がEPMに感染すると考えられていますが、感染したすべての馬が臨床症状を示すわけではありません。調査によると、EPMの臨床症状を示す馬1頭につき、アメリカ国内では100頭以上の馬がS.neuronaの感染にさらされていると言われています。


S.neuronaに感染した馬では、スポロゾイトは内皮細胞に侵入して無性生殖を行い、タキゾイトに成長し、次いで動物の中枢神経系に移動します。


ここでそれらはゆっくりと複製し、徐々に神経系を支配していきます。


EPMの臨床症状は、脳、脳幹、脊髄に発生した病変の重症度と部位によって異なり、急性から慢性まで様々な症状が見られます。


EPMの初期症状としては、つまずき、歩行異常、運動失調、筋力低下、上気道機能の異常、嚥下困難、時には痙攣などが見られます。


進行すると、起立、歩行、嚥下が困難になり、頭が傾き、顔面神経が麻痺することもあります。この病気の進行は、数時間から数年と大きく異なります。


時には感染した馬の臨床症状が数日から数週間にわたって安定し、その後再発することもあります。

EPMの診断方法



獣医師は、まず馬の神経学的検査を行い、脳幹、脳、脊髄など、馬の神経系を構成するすべての要素を評価します。


獣医師が神経学的欠損を発見した場合、次のステップとして通常、EPMの診断検査が行われます。EPMの診断検査にはいくつかの種類があり、血液や髄液が必要になります。


血液検査の結果は、馬がサルコシスティス・ニューロナ(S.neurona)に暴露されたことを確認するだけです。これは、S.neurona が馬の神経系に侵入したことを必ずしも意味しません。


神経系におけるS.neuronaの存在を確認するためには、馬の脊髄液を検査する必要があります。脊髄液は、脳脊髄液(CSF)穿刺と呼ばれる方法で、認定された内科専門医によって採取されます。

伝播



馬は、感染したオポッサムの糞や尿で汚染された牧草、飼料、干し草、水を飲むことでサルコシスティス・ニューロナ(Sarcocystis neurona)に感染します。


オポッサムはS.neuronaの明確な宿主であり、馬の主要な感染源となっています。感染した馬は他の馬を感染させることができず、中間宿主は馬を感染させることができません。


ネオスポラ属(N.hughesi)の明確な宿主と完全なライフサイクルはまだ特定されておらず、そのため馬がどのようにして感染するのかは不明です。


しかし、近縁種のネオスポラ・カニナム(N.caninum)は、イヌ科の哺乳類を明確な宿主としており、イヌ、アライグマ、キツネ、ジャッカル、ディンゴ、コヨーテ、オオカミなどが含まれます。


最近の研究では、N.hughesiが馬の胎盤を介して感染することが分かっています。

潜伏期間



多くの馬は、感染後数ヶ月から数年の間、EPMの臨床症状を示しません。多くの馬がサルコシスティス・ニューロナ(S.neurona)に感染していても、EPMの臨床症状を発症することはありません。

地理的範囲



北米および南米に生息する馬は、S.neuronaまたはN.hughesiに感染するリスクが高く、特に米国、ブラジル、アルゼンチンの馬は注意が必要です。

症状



●歩行異常

●運動失調

●筋力低下

●けいれん発作

●頭の傾き

●顔面神経麻痺

●嚥下困難

●失明

●筋萎縮

●脳神経徴候

診断



●病歴

●臨床兆候

●神経学的診察

●髄液検査

●IFATパネル

●EPM ウェスタンブロット

治療



※FDA承認の抗コクシジウム薬

ポナズリル、ジクラズリル、スルファジアジン/ピリメタミン

※生体応答調節剤

レバミゾール(抗原虫治療の最初の2週間とその後の毎月第1週に1mg/kgをq12h PO)

※Oroquin-10

経口ペースト剤の10日間投与

※支持療法

非ステロイド系抗炎症剤、コルチコステロイド(デキサメタゾン0.1mg/kgを1日1~2回)、ジメチルスルホキシド(10%溶液として1g/kgを1日1~2回静脈内または経鼻胃管で投与)、ビタミンE(20IU/kgを1日1回経口投与)

※酸化防止剤

飼料中に経口投与する。

※理学療法

※ニタゾキサニド (NTZ)

※トルトラズリル

予防



※バイオセキュリティ

※馬の牧草地や納屋の中や周辺のオポッサムの糞への曝露を減らす。

※馬のストレスレベルを下げる。

※馬の餌は地面から与えない。

※馬の放牧地、納屋、パドック、馬房への野生動物の侵入を防ぎます。

※馬に新鮮な飲み水を与える。

※定期的なコクシジウム薬の使用。

※ジクラズリルの低用量を毎日投与(0.5mg/kgを1日1回、経口投与)

予後



米国におけるEPMの年間発生率は、馬1万頭あたり約14頭です。報告されている症例の致死率は約7%です(NAHMS 2001)。

スポンサーリンク
336×280