馬の心膜炎(Equine Pericarditis) ~ 馬の心膜(心臓を包んで保護している繊維組織)の炎症(腫れや炎症)を指します



馬の心膜炎は、馬の心膜(心臓を包んで保護している繊維組織)の炎症(腫れや炎症)を指します。この症状は、急性(突発的で短期間)と慢性(長期間にわたって持続する)として現れることがあります。


馬の心膜炎は、特発性のものと、ウイルスや細菌の感染、外傷、腫瘍、免疫介在性の疾患の結果として起こるものがあります。臨床症状は、重症度、原因、馬の年齢、全体的な健康状態によって異なります。

症状



●運動耐容能低下

●沈うつ

●発熱

●食欲不振

●頸動脈の膨張

●腹部膨満

●嗜眠

●移動するのを嫌がる

治療



※広域抗菌薬

※非ステロイド性抗炎症薬

※心嚢穿刺

※心膜洗浄

※1日1~2回の洗浄を伴う胸水の外科的ドレナージ

※フィブリン沈着の発生を抑えるための局所的・全身的な抗凝固療法

※手術

※安楽死

予後



●予後は病気の原因によって異なります。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280