馬のパーキンソニズム(Equine Parkinsonism) ~ 最終的には馬にとって致命的なものとなります



馬のパーキンソニズムは、イガヤグルマギク(セントウレア・ソルスティティアリス:Centaurea solstitialis)やヤグルマギク属(セントウレア・レペンス:Centaurea repens)を繰り返し摂取することによって引き起こされる馬の神経学的状態です。


この症状はヒトのパーキンソン病に似ていると考えられており、馬の摂食能力の障害を特徴とします。


初期の兆候としては、唇と舌の麻痺が挙げられます。馬は顎の緊張が低下し、舌を出したまま口が部分的に開いたままになります。


時には、馬の上顎歯が露出したり、顔面筋および上唇筋の緊張亢進がみられます。毒素の影響は不可逆的で、最終的には馬にとって致命的なものとなります。


衰弱してやせ細り、最終的には餓死してしまうでしょう。


馬に臨床症状が現れるのは、ヤグルマギク属では少なくとも28日から35日、イガヤグルマギクでは33日から81日かかるため、通常は突然、予期せぬ形で現れます。


この症状に対する特別な治療法はなく、馬は回復しません。

症状



●唇と舌の麻痺

●落ち着かないまたは混乱した行動

●顎の緊張の低下

●口の絶え間ない咀嚼のような動き

●過度のあくび

●激しい頭の振り

●重度の抑うつ状態

●衰弱

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●植物の識別

●MRI

●剖検

治療



※ビタミンE:臨床症状を軽減するために投与されます。

予防



※牧草地に侵入する可能性のある雑草や、馬にとって有害な植物の種類を知っておきましょう。

※牧草地を定期的に散歩して、潜在的に有毒な植物の存在を確認する。

※干し草に乾燥した有毒植物が含まれていないか確認する。

※農機具を貸し借りする場合は、敷地に到着する前に、その農機具がきれいになっていることを確認する。

※新しく導入した動物は、到着後10日から2週間は別のパドックで隔離する。

予後



脳組織の損傷は元に戻せないため、回復の見込みは低い。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280