メラノーマ(Melanoma) ~ 主に高齢の馬に見られる一般的なタイプの皮膚がん



馬のメラノーマ(黒色腫)は、主に高齢の灰色の馬(8~10歳以上)に見られる一般的なタイプの皮膚がんです。


ある研究では、15歳以上の灰色の馬の80%がメラノーマを発症していました。メラノーマは、リピッツァーナー、ペルシュロン、アラビアンなどの馬種に特に多く見られます。


メラノーマは馬の体のどこにでも発生する可能性がありますが、最も頻繁に発生するのは会陰部、尾の付け根、首、口、まぶた、たてがみなどです。


その他、耳下腺リンパ節や唾液腺にもよく発生します。


腫瘍は多くの場合、複数の有茎性の結節を伴います。また、内臓に発生することもあります。


馬のメラノーマの大部分はゆっくりと成長し、ほとんど問題になりませんが、その大きさが身体の重要な機能を妨げるようになった場合には問題となります。

メラノーマの臨床症状



臨床症状は、腫瘍の位置と大きさによって異なります。


メラノーマは、何年も大きさが変わらずに存在し、馬に何の問題も起こさないことがあります。しかし、いったん大きくなり始めると、馬にとって重大な問題となります。


メラノーマがノドの部分に発生して大きくなると、馬は鼻柱を曲げたり、頭を左右に向けたり、快適に飲食することができなくなります。


陰茎鞘にメラノーマが発生すると排尿や繁殖の際に馬に不快感を与えます。肛門や尾の基部に大きなメラノーマができた馬は、排便時に非常に断続的な不快感を感じることがあります。


メラノーマの病変の80%以上が最終的に何らかの悪性腫瘍を発症するため、早期発見と治療がこの病気の管理の鍵となります。

馬のメラノーマの管理と治療



治療法としては、外科的切除、シメチジン、鍼治療、漢方薬、そして最近導入されたワクチンなどがあります。


大きな腫瘍は、直腸や前立腺を塞ぎ、食物摂取を阻害し、上気道を圧迫します。外科的に腫瘤を切除すれば、通常は局所的に治癒しますが、大きな腫瘍や融合性の腫瘍の場合は議論の余地があります。


ある研究では、4cm以上の腫瘍を外科的に切除した馬の50%が、遠隔部のメラノサイト腫瘍の持続または新たな増殖を示しました。

症状



●色素沈着した隆起性小結節

診断



●病歴

●身体診察

●臨床兆候

●生検

獣医師を待つ間



灰色の馬(芦毛)を定期的に見て、新たなメラノーマや既存のメラノーマのサイズが大きくなっていないかを確認する。

治療



※Oncept®ワクチン

犬のメラノーマを治療するために開発されたDNAベースのワクチンが、馬のメラノーマの治療にも有効であることが証明されました。


このワクチンは、メラノーマ細胞に含まれるタンパク質(チロシナーゼ)に対する免疫反応を体に起こさせることで効果を発揮します。


米国では犬への使用が許可されており、一部の動物病院でのみ販売されています。


このワクチンによる治療は、最初の評価と、2週間間隔で4回の治療を行い、その後6か月ごとの追加免疫が含まれます。


ワクチンの使用による予備的な結果は、ワクチンに対する反応が陽性である場合もありますが、予測できないことを示唆しています。


一部の馬ではメラノーマの成長が止まったり、腫瘍が縮小したりしましたが、すべての馬が治療に反応したわけではありません。

※シメチジン

1日2回、2.5mg/kg体重の用量で経口補給します。効果については様々な結果が出ていますが、メラノーマの種類や大きさにもよりますが、一部の馬でメラノーマの馬の生存期間を延長することが確認されています。

※シスプラチン

DNA合成を阻害する重金属化合物。


未治療の早期メラノーマに対して81%の効果があったと報告されています。しかし、体の他の部位に新たな腫瘍が発生し続けました。


シスプラチンを含む生分解性ビーズを従来のデバルキングやCO2レーザーデバルキングと並行して腫瘍内に移植することで、治療後少なくとも2年間は腫瘍の消失に成功することが分かりました。

※外科的切除

ステージ1、2のメラノーマの馬に主な治療法です。しかし、2004年にRoweとSullinsが行った研究では、手術で腫瘍を取り除いた馬の半数近くが、その腫瘍が大きくなったり、同じ場所や体の別の場所にさらに腫瘍ができたりしていることがわかりました。

※フランキンセンス・オイル

薬用グレードの滅菌フランキンセンス・オイルを毎日、腫瘍に直接注入し、さらに腫瘍の局所にもオイルを塗布する。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280