馬のリンパ腫(Equine Lymphoma) ~ 馬のリンパ系に関わる癌の一種



馬のリンパ腫は、リンパ肉腫としても知られており、馬のリンパ系に関わる癌の一種です。多くの場合、1つのリンパ節で発症しますが、最終的には全身に広がります。


リンパ腫には多くの種類があります。


一般的に、腫瘍は多中心性で、リンパ節や胸部・腹部の臓器を侵します。5歳から10歳の馬に多く見られますが、どの年齢でも発生する可能性があります。


馬のリンパ腫は、4つの異なる解剖学的形態を示します。


●一般

慢性および進行性


●皮膚

多病巣性~全身性の剥離性皮膚炎、局所的な結節または潰瘍、痒み


●消化管

※体重減少

※断続的な疝痛

※発熱

※慢性下痢


●縦隔

※呼吸困難

※咳の様子

※再発性胸膜

※浸出液

症状



●慢性的な体重減少

●腹部の膨らみ

●皮膚の病変

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●臨床検査

治療



※免疫抑制グルココルチコイド療法

※ロムスチン(CCNU)とプレドニゾロンからなる化学療法

※手術

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280