馬インフルエンザ(Equine Influenza) ~ 主な症状としては発熱、咳、鼻水の垂下などが所見されます



馬インフルエンザ(EI)は、馬の呼吸器系の急性かつ高伝染性の疾患です。


原因は、オルトミクソウイルスである馬インフルエンザA型2(A/馬2)ウイルスです。EIは、ニュージーランドとアイスランドを除く世界中の馬の間で流行しています。


また、EIは、ニュージーランドとアイスランドを除く世界中の馬に常在しており、馬のショー、競馬場、厩舎、飛行機、輸送車両など、馬同士が密接に接触している場合に多く発生します。


EIは鳥類から発生したと考えられており、鳥インフルエンザウイルスと密接な関係があります。EIは種の壁を越えることができ、北米や英国の犬で呼吸器疾患を引き起こすことが報告されています。


馬のEIの臨床症状の重症度は、既存の免疫力の程度を含む多くの要因に左右されます。部分的に免疫を持っている馬は、潜在的に感染し、ウイルスを排出する可能性があります。

臨床徴候



通常、EIに感染した馬に見られる最初の臨床症状は高熱(41.1℃を超えることもある)で、2~3日後にピークに達し、7日目に再びピークに達します。


この間、ほとんどの馬が食欲不振に陥ります。


ウイルスは急速に馬の気道に広がり、最初は漿液性の分泌物が出ますが、後に粘液膿性になり、同時に咳も出ます。


一般的には、合併症のない症例では7~14日で経過します。しかし、一部の症例では、咳がさらに1週間ほど続くこともあります。

診断



EIの診断は、ウイルスの分離、ウイルス抗原の検出(酵素結合免疫吸着測定法(ELISA)または逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)法によるウイルスゲノムの検出、および呼吸器疾患の兆候を示す馬から採取した鼻咽頭または鼻腔スワブからのペア血清検査に基づいて行われます。


EIに感染した疑いのある馬からは、できるだけ早く、理想的には3~5日以内にサンプルを採取する必要があります。

伝播



EIは非常に感染力が強く、ウイルスは咳によって飛散したエアロゾル化した飛沫の中で、馬の集団を介して急速に広がっていきます。


EIは屋外で数時間生存することができ、バケツ、給餌器具、手入れ器具、鋲などを汚染する可能性があります。EIは、バケツのような湿った環境では72時間、グルーミング用品や馬具、飼料、干し草、衣類などの乾いた表面では48時間生存することができます。


馬がEIに対して不活化インフルエンザワクチンを接種した場合、その免疫は短期間で終わってしまいます。このため、ワクチンを接種したばかりの馬が感染し、ウイルスを排出してしまいます。


そのため、馬と接触したワクチン未接種の馬がEIに感染する可能性があります。

潜伏期間



EIの潜伏期間は短く、馬はウイルスにさらされてから24時間以内に臨床症状を呈し始めます。


感染した馬は、鼻汁中のウイルスを最大10日間排出することができます。場合によっては、部分的に免疫を持っている馬が無症状感染し、ウイルスを排出することもあります。

合併症



EIの合併症としては、二次的な細菌性肺炎、筋炎(筋肉の炎症)、心筋炎(心臓の炎症)、脚の腫れなどがあり、まれに神経系の病気が起こることもあります。


また、EIに感染した馬は、再発性気道閉塞(RAO)や運動誘発性肺出血(EIPH)を発症しやすいことが示唆されています。

症状



●発熱

●鼻汁

●咳、急性、突然の発症

●筋肉痛

●抑うつ

●食欲不振

●体重減少

●リンパ節の腫れ

●嗜眠

診断



●病歴

●臨床兆候

●インフルエンザHI検査

●インフルエンザ PCR

●インフルエンザNP ELISA

●インフルエンザディレクティジェン

●APHAインフルエンザPCR

獣医師を待つ間



※EIの疑いのある馬を、犬を含む他の馬から隔離する。

治療



※獣医に報告する

発熱を伴う急性の呼吸器疾患で家畜伝染病予防法においては届出伝染病に指定されています。

※支持療法

※休養

ウイルスの影響は、適度な運動でも著しく悪化するため、感染した馬は完全に回復するまで運動をさせてはいけません。

※抗ウイルス療法

スポンサーリンク
336×280