馬伝染性貧血(Equine Infectious Anemia (EIA)) ~ ウマやロバなどウマ属に特有の伝染病で伝貧(でんぴん)ともいわれます



馬伝染性貧血(EIA)は、世界中の馬やその他のウマ科の動物(ロバやラバなど)が罹患する致死性のウイルス性疾患です。


この病気は、レトロウイルス科(Retroviridae)、オルソレトロウイルス亜科(Orthoretrovirinae)、レンチウイルス(lentivirus)によって引き起こされます。


レンチウイルスとは、感染した細胞の遺伝物質に組み込まれるDNAを生成するRNA物質を含むウイルスのことです。


ウイルスは、馬の全身を循環する白血球の中で増殖します。抗体を介した免疫システムが赤血球を攻撃して破壊し、貧血を引き起こすことがあります。


また、ウイルス感染に伴う炎症により、骨髄、肝臓、心臓、腎臓などの重要な臓器が損傷することがあります。


その後の免疫抑制により、二次感染(肺炎など)が起こる可能性があります。EIAVに感染した馬は、ウイルスの直接的な影響や二次的な感染症によって死亡することがあります。

EIAの臨床徴候



EIAは、関連する症状が非特異的で、馬によって大きく異なるため、診断が難しい場合があります。


中には、感染の兆候を全く示さない馬もいます(これらの馬は、非顕性キャリアと呼ばれます)。感染した馬は、ストレスやコルチコステロイドを投与された際に、臨床症状の再燃を繰り返すことが多いです。

EIAの診断方法



この検査は簡単な血液検査で、多くの検査機関で実施されています。


この検査では、寒天ゲル内沈降反応(AGID)または競合酵素結合免疫吸着法(C-ELISA)により、馬の血液中の抗体を特定します。


AGID法は「最良」と考えられていますが、C-ELISA法は迅速に結果が得られるという利点があります。


しかし、C-ELISA検査では偽陽性の結果が多く、陽性の結果は標準的なコギンズ(AGID)検査で確認する必要があり、子馬はいずれの検査でも初乳を介して6カ月間も移行する母親からの抗体により偽陽性となることがあります。

EIAはどのようにして感染するのか



※EIAVは以下の方法で馬に感染します。


●アブやメクラアブなどの吸血昆虫による咬傷。

●輸血

●血液で汚染された針、注射器、手術器具など。ウイルスは針の中で96時間も生き続けることができます。

●感染した雌馬から胎盤を介して、あるいは母乳を介して。

●精液を通して。

●密接に接触した場合のエアロゾルでの伝播


EIAは、温暖で湿った沼地のような地域で多く発生する傾向があります。


一度感染すると、感染した動物は生涯ウイルスを保持し続け、他の動物への感染源となります。潜伏期間は一般的に2~4週間ですが、1週間から3カ月の場合もあります。

症状



●高熱

●貧血

●抑うつ

●舌の下や目の下に小さな出血がある

●食欲減退

●脚、胸部下部、腹部の腫れ (浮腫)

●黄疸

●全身の筋力低下

●体重減少

●協調運動障害

診断



●寒天ゲル内沈降反応(AGID)

●競合酵素結合免疫吸着法(C-ELISA)

治療



※疾患を報告する

EIAは報告義務のある病気です。つまり、あなたの馬がこの病気にかかった疑いがある場合、法律により、獣医師に報告する必要があります。

※支持療法

予防



※メクラアブ、アブ、蚊などの吸血昆虫の個体数を減らすために、適切な防虫対策を行う。

※蚊が繁殖しないように対策する

※ハエ取りシート、マスク、防虫剤を使用して、馬を虫に刺されないように保護する。

スポンサーリンク
336×280