馬の高脂血症(Equine Hyperlipidemia) ~ 小型馬、ロバ、ポニーに見られる、生命を脅かす重篤な病状



馬の高脂血症は、主に小型馬、ロバ、ポニーに見られる、生命を脅かす重篤な病状です。


高脂血症は、蓄えられた体脂肪が突然著しく減少することによって起こります。インスリン抵抗性(IR)、妊娠中、栄養要求量が増加している雌の成獣は、高脂血症の素因を持っています。


素因のある動物の引き金となる要因には、ストレス、疼痛、疾患、不十分な飼料摂取、飼料の変更、輸送などがあります。二次性高脂血症は、腸炎、歯の疾患、細菌感染症、疝痛による宿便、寄生虫などで起こります。


高脂血症の二次合併症としては、循環血液量減少、電解質の不均衡、肝腎機能不全などが含まれます。

症状



●食欲不振

●筋力低下

●運動失調

●抑鬱

●黄疸

●腹部の腫れ

●下痢

●嚥下困難

●疝痛

●筋肉のふるえ

●流産

●急速な体重減少

●糞便量の減少

●発熱

●痙攣

●昏睡

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●血液検査-TG濃度が5.6mmol/lを超える不透明な血清または血漿

治療



※栄養補給

※輸液療法

※薬物療法

※ブドウ糖の非経口投与 (インスリンの併用または非併用)

※併存疾患の治療

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280