馬ヘルペスウイルス(Equine Herpesviruses) ~ 発熱、流産、呼吸器感染症、希に神経症状を発症させる伝染病



馬ヘルペスウイルス(EHV)は、二本鎖のDNAウイルスで、世界中で少なくとも9種類のウイルスが確認されています。


EHVは、世界中の馬産業のあらゆる分野において、経済的にも福祉的にも大きな影響を与えています。


他の種のヘルペスウイルスと同様に、馬ヘルペスウイルスも大多数の馬に潜伏感染を成立させ、臨床症状を呈することはありませんが、ストレスを受けるとウイルスを排出したり、後に臨床症状を呈することがあります。


これらの潜伏感染した馬がEHVの主要な感染源となります。


馬ヘルペス脊髄脳症:Equine herpesvirus myeloencephalopathy(EHM)は、馬ヘルペスウイルス(EHV)感染に伴う神経疾患の別称です。


EHMの症例は、複数の感染した暴露馬に単独で発生します。


EHMは、過去または現在発生しているEHV-1呼吸器疾患のアウトブレイクと関連している場合もあれば、そうでない場合もあります。


●アルファヘルペスウイルス

EHV-1、EHV-3、EHV-4は、アルファヘルペスウイルス(アルファヘルペスウイルス亜科の仲間)で、密接に関連していますが、疾患の症状が明確に異なります。


これらのウイルスは、呼吸器系の感染症、流産、神経系の疾患を引き起こします。


●馬ヘルペスウイルス1型 (EHV-1)

EHV-1は、主に発熱、流産、呼吸器感染症、希に神経症状を発症させ3つの症候群すべてに関連していますが、個々の分離株の病原性にはかなりのばらつきがあります。


EHV-1の神経学的形態は、馬ヘルペス脊髄脳症:Equine herpes virus myeloencephalopathy(EHM)と呼ばれています。


●馬ヘルペスウイルス3型 (EHV-3)

EHV-3は、馬の外性器に影響を与える「馬媾疹」と呼ばれています。


●馬ヘルペスウイルス4型 (EHV-4)

EHV-4(馬鼻肺炎:Equine rhinopneumonitis virus)は、主に呼吸器系の病気を引き起こし、子馬や1歳馬に多く見られます。しかし、馬の流産や神経疾患を引き起こすこともあります。


呼吸器系に関連するウイルスのいずれかが回復すると、非特異的な気管支過敏症に関連するパフォーマンス低下症候群、高齢馬におけるRAO型症候群、および若年馬におけるIAD型症候群の結果として、馬はかつてほどのパフォーマンスを発揮しない可能性があります。


●ガンマヘルペスウイルス

ウマのガンマヘルペスウイルスには、ウマヘルペスウイルス2型(EHV-2)とウマヘルペスウイルス5型(EHV-5)が含まれます。EHV-2とEHV-5は、最近、流産や新生児死亡、細菌感染など、多くの臨床問題と関連しています。


EHV-2は呼吸器疾患、角結膜炎、肺炎、咽頭炎、発熱、リンパ節腫脹および食欲不振と関連しています。


ウマにおけるEHV-5は臨床的に明らかな疾患と必ずしも関連しているわけではありません。


しかし、症状が現れた場合には、呼吸器疾患、特に馬の多結節性肺線維症、ならびに核内封入体を伴う膿疱および真皮深部の巨細胞形成を伴うEVH-2関連肉芽腫性炎症とは著しく異なるリンパ球-血漿-組織球界面皮膚炎、リンパ球-組織球性血管周囲皮膚炎を引き起こす可能性があります。

伝播



EHVは、感染した咳嗽馬からの気道分泌物のエアロゾル化した飛沫を介して馬に伝播することが最も多い。


表面からの飛沫の経口摂取または吸入ならびにウマ、媒介物(装備、車両、衣類)およびヒトとの直接的および間接的接触により伝播します。


ウイルスを放出している馬の周りの空気も感染性ウイルスに汚染されている可能性があります。


このウイルスは、通常の環境下では環境中で最大7日間生存可能ですが、完全な環境条件下では最大1カ月生存すると推定されます。

潜伏期間



EHVの潜伏期間は最短で24時間ですが、通常は4~6日です。

症状



●咳、急性/突然の発症

●抑うつ

●食欲不振

●鼻汁

●頭の傾き

●1~7日間続く38℃~41℃の発熱

●運動失調

●尿の垂れ流し

●後肢の筋力低下

●嗜眠

●失明

●立ち上がれない

●バランスを保つために傾ける

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●鼻咽腔スワブでPCRを実施

●血液サンプルからのウイルス分離

●死後検査

治療



※バイオセキュリティ

アウトブレイクを緩和するための隔離、検疫および関連措置

※支持療法

馬房休養、集中的な看護ケア、輸液、電解質

※抗生物質

細菌の二次感染リスクがある場合に適応となります。

予防



※バイオセキュリティ対策

※衛生管理の徹底

※曝露のリスクが高い仔馬、離乳馬、1歳馬、若いパフォーマンスホース、ショーホースへのワクチン接種

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280