鼻疽(Glanders) ~ 主に馬やロバの馬属を侵すが時には人にも強い毒性を示す人獣共通感染症



鼻疽(びそ)は、鼻疽菌:シュードモナス・マレイ:Pseudomonas mallei(正式名称:バークホルデリア・​マレイ:Burkholderia mallei)という細菌の感染によって引き起こされる伝染性の人獣共通感染症です。


急性と慢性の何れかとして発生する可能性がありますが、臨床的にはこの2つの型を区別することは困難です。ロバやラバは急性型の鼻疽を発症しやすく、馬は慢性型の鼻疽を発症することが多い。


慢性鼻疽は、臨床的には回復しても生涯キャリアであり続けるケースもありますが、通常は致命的です。慢性鼻疽は、皮膚(farcy)、鼻、肺の3つの型のいずれかとして発症します。


皮膚型の特徴は、結節の形成を特徴とし、それが潰瘍に進行して濃い黄色の滲出液を排出し、一般的にリンパ管を辿って局所リンパ節に至ります。


リンパ管は通常、腫脹し結節を伴います。皮膚病変は体のどこにでも現れますが、一般的には四肢、特に後肢に生じます。


鼻疽は、法定検査、感染した動物の排除、輸入規制などにより、多くの国から根絶されています。しかし、アフリカ、アジア、中東、中南米の一部では、いまだに流行しています。

伝播



鼻疽は、主に感染した馬の鼻汁で汚染された飼料や水を摂取することで感染します。

症状



●食欲不振

●筋力低下

●運動能力の低下

●リンパ節の腫れ

●発熱

●結節およびクレータ様潰瘍

●鼻汁

●鼻血が出る

●咳嗽

●息切れ

●リンパ行性

●下腿腫脹

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●補体結合試験 (CFT)

●病変部からの細菌の分離および培養

治療



※支持療法

※エンロフロキサシンおよびトリメトプリム+スルファジアジンの非経口投与とその後のドキシサイクリンの経口投与。

スポンサーリンク
336×280