ゲタウイルス(Getah Virus) ~ 発病することがあることがはっきりしているのは馬と豚とに限られます



ゲタウイルス(GETV)は、トガウイルス科アルファウイルス属に属するウイルスで、蚊から頻繁に分離されています。


ユーラシア大陸から東南アジア、極東アジア、太平洋諸島、オーストラリアにかけて分布しています。このウイルスの自然宿主動物は、1978年に日本の2つのトレーニングセンターで競走馬の間にゲタウイルス感染が初めて認識されるまで知られていませんでした。


ゲタウイルス感染による臨床疾患の発生は稀であり、海外では1990年にインドで発生した1件のみが報告されています。日本では不活化ワクチンが馬のゲタウイルス感染症の予防と制御のために利用されています。


馬の臨床症状は、発熱、後肢の浮腫、顎下リンパ節の腫脹、蕁麻疹様発疹を特徴とし、軽度で生命を脅かすことはありません。

馬が感染する仕組み



GETVは、感染した蚊に刺されることで馬に感染します。


また、流行時には大量のウイルスを含んだ鼻汁を介して、馬から馬への直接感染が起こる可能性を示唆する証拠もあります。

馬のゲタウイルスはどのように診断されるか



ゲタウイルスは、SN法、CF法、HI法、ELISA法などを用いて、急性期および回復期の血清を検査することにより、血清学的に診断することができます。

症状



●発熱

●発疹

●手足のむくみ

●リンパ節の腫れ

●疝痛

●抑うつ

●食欲不振

●鼻汁

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●臨床検査

治療



※支持療法

予防

※バイオセキュリティ

※日本では馬のゲタウイルス感染症の予防と対策に不活化ワクチンが使用できます。

予後



良好

スポンサーリンク
336×280