媾疫(Dourine) ~ 生殖器感染によって発症します



媾疫(こうえき)は、Trypanosoma equiperdum原虫(トリパノソーマ・エキパーダム原虫)によって引き起こされる馬の伝染性寄生性性病で、国際獣疫事務局(OIE)に登録されている疾患です。


かつて広く蔓延していた媾疫は、多くの国で根絶されましたが、アジア、アフリカ、南米、南・東ヨーロッパ、メキシコ、ロシアではまだ見られます。


2011年6月には、イタリア本土のシチリア島、そしてナポリの北側で報告されました。ドイツでは2002年に雌馬で媾疫の症例が1件報告されています。


この病気には3つの病期があります。


第1段階は、感染後1~2週間で発症し、重症度に差はあるものの性器腫脹を経験する馬もいます。ステージ2では、貧血や削痩、リンパ節浮腫や膨疹が一時的に出現します。


ステージ3では、運動失調、ふらつき、体の硬直、後肢の弱化などの神経学的徴候が見られ、進行性の貧血を起こすこともあります。


50%の馬がこの段階で死亡します。

伝播



他のトリパノソーマ感染症とは異なり、媾疫はほぼ例外なく繁殖によって伝播します。


種馬から雌馬への伝播がより一般的ですが、雌馬はこの疾患を種馬に伝播することもあります。トリパノソーマ・エキパーダム原虫は、感染した雌馬の膣分泌物、精液、陰茎の粘液滲出液、種馬の鞘にみられます。


原虫は周期的に生殖器から消失し、数週間から数カ月間は非感染性となり、非感染性の期間は疾患後期により多くみられます。また、雄ロバは無症候性キャリアとなる可能性があります。


まれに感染した雌馬が子馬に感染を伝播することがあり、おそらく出生前または乳汁を介して伝播します。感染は結膜などの粘膜を介しても起こると考えられています。


その他の感染経路も考えられますが、現在のところ、媒介節足動物が感染に何らかの役割を果たしているという証拠はありません。


性的に未熟な動物が感染すると、成熟した時点でこの生物を伝播する可能性があります。

潜伏期間



潜伏期間は数週間から数年です。

症状



●発熱

●性器の腫れ

●中絶

●蒼白な粘膜

●体重減少

●進行性の筋力低下

●歩行異常

●運動失調

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●臨床検査

治療



※支持療法

※抗トリパノソーマ薬

流行地域で成功したと報告されています。

予後



未治療症例の死亡率は50~70%と推定されます。

スポンサーリンク
336×280