馬コロナウイルス(Equine Coronavirus (ECoV)) ~ 北米や日本で馬の発熱性疾患や腸管疾患を引き起こしている感染性ウイルス



馬コロナウイルス(ECoV)は、北米や日本で馬の発熱性疾患や腸管疾患を引き起こしている感染性ウイルスです。


ECoVは当初、子馬にしか感染しないと考えられていましたが、すべての年齢の馬に病気を引き起こす可能性があります。


カリフォルニア大学デービス校(UC Davis)の動物病院の研究者は、複数の認定を受けた馬の感染症の専門家と、この病気の治療に経験のある高度な訓練を受けた技術スタッフを擁しており、ECoVの症例を診断・治療するための独自の資格を有しています。


この施設には、他の入院動物に感染させることなく馬を治療するための隔離ユニットや、病気を確定するための診断検査を直ちに行い、適切な治療計画を立てるための検査室があります。

馬コロナウイルスの臨床徴候



馬コロナウイルスに感染した馬で観察される最も一般的な臨床徴候は以下の通りです。


●食欲減退または食欲不振

●嗜眠

●直腸温上昇(101.5℉以上)


※比較的まれな徴候には以下のものがあります。


下痢:軟便から急性の水様性下痢までの範囲

●疝痛

●うろうろする

●性格の変化と行動の異常

●横臥位(横たわる)

●けいれん発作

馬コロナウイルスの診断方法?



※ECoVは、以下を介して馬で検出できます。


●PCR検査

●ELISA検査

●糞便からのウイルス分離

ECoVはどのようにして馬に感染するのか?



ECoVは、感染した馬の糞の中に排出されます。


ウイルスに最初に感染した時から始まり、回復した後も2週間は排出されます。


他の馬は、汚染された糞便やその周辺環境に触れることで感染します。ECoVは非常に早く感染するため、多くの場合、暴露後2~3日で感染の兆候が現れます。

どのような治療法がありますか?



ECoV感染症の治療は支持療法で、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)の投与や、馬が脱水症状を起こした場合には点滴を行うこともあります。


病気の経過は短く、臨床症状は1~4日程度です。


大半の馬は一般的な支持療法で回復します。カリフォルニア大学デービス校の研究者が行った調査によると、ECoVに感染しても8%の馬が死亡しただけであることがわかりました。


致死率は内毒素血症、敗血症、高アンモニア血症性脳症などの合併症によるものでした。

過去の発生状況



2011年には、日本で飼育されている競走馬132頭 (計600頭) がECoVを発症しましたが、米国では2011年から2012年の間に計75頭の馬に発生しました。

症状



●食欲減退または食欲不振

●嗜眠

●発熱 (101.5℉以上)

●下痢

●仙痛徴候

●うろうろする

●性格の変化と行動の異常

●横臥位(横たわる)

●けいれん発作

治療



※支持療法:水分補給を維持するため、NSAIDなどの抗炎症薬と経口または静脈内輸液。

予後



●良好。ほとんどの馬は支持療法により完全に回復します。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280