馬の口蓋裂(Cleft Palate) ~ 軟口蓋もしくは硬口蓋の正中部欠損を呈する疾患



口蓋裂(こうがいれつ)は、馬の0.1%から0.2%が罹患する先天性欠損症の一種です。


口蓋裂は、軟口蓋、時には硬口蓋の奇形で、左右の口蓋が結合せず、裂け目を形成しています。口蓋裂は馬では珍しいとされていますが、先天的に奇形のある子馬や胎児では最もよく見られる頭蓋顔面欠損の一つです。


仔馬の1~4%が先天性欠損を持って生まれてきます。


口蓋裂は、ヒトを含めた幅広い動物種で発生します。


その原因はよくわかっておらず、遺伝、環境、代謝、ホルモン、栄養、毒物への暴露など、多因子に関連していると考えられています。


牛や豚では、子孫に口蓋裂が発生することは、特定の有毒植物(ドクニンジン、野生タバコの木、ルピナス属(ハウチワマメ属)、野生のパースニップ(別名にアメリカボウフウ、シロニンジン、サトウニンジン)などの摂取、常染色体劣性形質、セレンやマンガンの欠乏、牛ウイルス性下痢ウイルス、アカバネウイルスの感染などと関連しています。


牛では、関節拘縮症と同時に起こることが良くあります。


馬での口蓋裂は、最も一般的に子馬の軟口蓋の尾側1/2~2/3に影響を及ぼします。


また、臨床症状の程度は口蓋裂の重症度に応じて異なります。仔馬の最も一般的な臨床症状は、授乳直後に両方の鼻孔に発生するミルクの鼻汁を伴う嚥下困難です。

症状



●両側の鼻汁

●片方または両方の鼻孔からミルクやその他の摂取物が出てくる。

●嚥下困難

●咳

●成長不良

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●内視鏡検査

●X線写真

治療



※支持療法

※外科的修復

※安楽死

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280