白内障(Cataracts) ~ 視覚障害や失明を引き起こす



白内障とは、目の中の水晶体が濁ることで、光ではなく画像が遮られ、馬の視力に影響を与えるものです。白内障には、発達白内障(先天性を含む)と後天性白内障があります。


発達白内障は、馬の白内障の中で最も一般的な形態であり、ほとんどが先天性です。重症度は、水晶体混濁の位置とサイズによって異なります。


水晶体全体が侵されると、失明の原因となります。

白内障の分類



白内障は、発育段階(初期、未熟、成熟、過熟)、部位(前部、後部、核周囲、核または赤道、被膜、嚢下、皮質)、発症年齢(先天性、若年性、老年性)、原因(外傷性、炎症性、遺伝性)によって分類されます。

白内障のある馬の治療選択肢



すべての白内障に治療が必要なわけではありません。治療が必要な白内障には、超音波水晶体乳化吸引術と呼ばれる手術で白内障を取り除くことができます。


この方法では、外科医が超音波の周波数で振動する特殊なプローブを用いて白内障を液状化して分解し、その後、白内障を眼球内から吸引します。


この手術は、白内障の馬にとって短期的には良い結果が得られますが、長期的にはあまり良い結果は得られませんでした。

症状



●乳白色の瞳孔

●視覚障害の証拠

●失明

診断



●病歴

●臨床兆候

●眼の診察

治療



※ステロイドまたは非ステロイド性抗炎症薬の局所および全身投与

※手術-超音波水晶体乳化吸引術

※散瞳療法

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280