馬の羊膜炎と胎仔死亡(Equine Amnionitis And Fetal Loss) ~ 行列毛虫(Ochrogaster lunifer)の毛への暴露に関連しています



馬の羊膜炎と胎仔死亡(EAFL)は、オーストラリアに生息する妊娠中期から後期の雌馬に発生する異常な形態の流産です。これは、行列毛虫(Ochrogaster lunifer)の毛への暴露に関連しています。


EAFLは、米国の繁殖牝馬が東部天幕毛虫(Malacosoma americanum)の毛に暴露されることで発生する繁殖牝馬流産症候群(MRLS)と非常によく似ています。


EAFLがオーストラリアで初めて確認されたのは、2004年、ニューサウスウェールズ州のハンター・バレー地域に住む雌馬で、3月中旬から11月にかけて流産のアウトブレイクが発生したことがきっかけでした。


放牧中の馬が、巣から飛ばされた行列毛虫が落とした皮膚の毛に接触することが原因と考えられています。行列毛虫は、馬の放牧地でよく見られる多くの樹木や低木に巣を作ることが知られています。

症状



●雌馬の流産

診断



●病歴

●臨床徴候

●身体診察

●超音波検査

治療



※支持療法

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280