ぺっとくすり

馬の白血病(Leukemia) ~ 血液の癌



白血病は骨髄増殖性疾患の一種であり、馬にはまれにしか発生しないと考えられています。


これは、循環血中に腫瘍性造血細胞が存在することを特徴とし、急性または慢性の形態で発症します。


急性白血病は、幹細胞または初期の前駆細胞が腫瘍化し、それに続いて低分化の腫瘍細胞が血液中に放出された場合に発生します。


慢性白血病は、後期前駆細胞が腫瘍化し、成熟分化した細胞が放出されることで発症します。白血病は、その細胞起源によってリンパ系と骨髄系に分類されます。

症状



●腹部浮腫

●体重減少

●抑うつ

●粘膜蒼白

●筋力低下

●リンパ節の腫れ

●貧血

診断



●臨床兆候

●臨床検査

●骨髄検査

治療



※シトシンアラビノシド:抗悪性腫瘍剤(抗がん剤)の一種

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280