牛伝染性リンパ腫(Enzootic Bovine Leukosis) ~ 全身のリンパ組織上の腫瘍の発症により特徴付けられる



牛伝染性リンパ腫 (EBL) は、脾臓、胸腺およびリンパ節のような全身のリンパ組織 (リンパ肉腫) 上の腫瘍の発症により特徴付けられ、レトロウイルス科(Retroviridae)、オルソレトロウイルス亜科(Orthoretrovirinae)、デルタレトロウイルス(deltaretrovirus)に属する牛伝染性リンパ腫ウイルス(BLV) によって引き起こされます。


EBLの臨床徴候は、腫瘍が発生する部位および進行の重症度および病期によって異なります。


BLVに感染したウシの1%未満がリンパ肉腫を発症し、BLVに感染したウシの1/3が持続的なリンパ球増多症を発症します。


伝播:BLVは、血液を介して、妊娠中の胎盤およびBLV感染牛からの初乳または乳汁の摂取によってウシに伝播されます。

症状



●削痩

●元気消失

●眼球突出

●下痢

●便秘

●体表リンパの腫脹

●乳量減少

●下痢

治療



※支持療法

予防



※吸血昆虫の個体数を減らす

※経皮注射や採血には、個々の滅菌針を使用します。

※動物間の入れ墨器具を毎回消毒します。

※離乳前の子牛には代用乳を使用する。

※胚移植にはBLV血清陰性レシピエントを用いる。

※器具を温水で洗浄し、適切な消毒剤に浸す。

※初乳の熱処理または低温殺菌

※電気式除角器を使用するか、動物間の除角器具を使用毎に消毒する。

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280