眼瞼内反(Entropion) ~ まぶたの縁が内側に回転することで、馬のまつ毛が角膜の表面に触れるようになる現象



眼瞼内反とは、まぶたの縁が内側に回転することで、馬のまつ毛が角膜の表面に触れるようになる現象です。


眼瞼皮膚の過剰による解剖学的異常、栄養不良、脱水、全身疾患による眼窩脂肪の萎縮、または眼痛による眼球陥入に続発して起こります。


成馬では、眼瞼内反は通常、慢性眼痛または以前の眼瞼外傷による筋痙攣と関連しています。

症状



●まぶたの内側への巻き込み

●涙を流している

●発赤を引き起こす顕著な刺激

診断



●臨床兆候

●身体診察

治療



※外科的矯正

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280