エンテロトキセミア(Enterotoxemia) ~ ウェルシュ菌の産生する腸管毒による中毒



エンテロトキセミアは、ウェルシュ菌(Clostridium perfringens)の産生する腸管毒による中毒です。


腸内毒素血症とも呼ばれ、ヒツジでの発症が最も多いですがヤギにもみられます。ウシではウェルシュ菌A型とウェルシュ菌D型によるものが多く、エンテロトキセミアにより動物が2時間以内に死亡することもあります。


小腸では腸粘膜の壊死組織片やゼリー状血様内容物が認められ、組織学的に粘膜の壊死、出血性炎症を示します。腸以外の臓器でも出血性病変が認められ、予防にはトキソイドが有効とされます。


飼料や飼料の与え方を急に変更すると、腸毒素血症が発生することがわかっています。過度の穀物消費、パンやベーカリー製品を与えたりすると、ヤギがこの病気にかかりやすくなる可能性があります。

  

症状



●食欲不振

●抑うつ

●腹部不快感

●40.5℃の発熱

●背中を弓なりにする

●大声で、痛々しい叫び声を上げる

●大量の水様性下痢を含む

●衰弱

●横臥

●パドリング

●痙攣

●昏睡

●突然死

治療



※ウェルシュ菌C型およびD型抗毒素:15~20mLを静注し、3~4時間毎に繰り返す。

予防



※飼料や飼料の与え方を急に変更しない。

※青々とした牧草地に山羊を出してはいけません。

※ヤギが飼料が保管されている場所に出入りできないようにする

※ヤギにパンやパン製品を与えないでください。

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280