腸結石症(Enterolithiasis) ~ 腸結石の存在により、摂取物やガスの流れが阻害されることをいいます



腸結石症とは、馬の右背側結腸膨大部に形成される腸結石(岩石のような固体の塊)の存在により、摂取物やガスの流れが阻害されることをいいます。


腸結石は通常、リン酸アンモニウム・マグネシウムの複合体であるストルバイトから主に構成されています。


腸結石は、アルファルファの干し草や小麦ふすまを大量に摂取した馬のように、マグネシウム濃度の高い高タンパク食を食べている馬に多く見られます。


また、アラビア種、雌馬、一定の飼料を与えられていない馬、室内での運動量が少ない馬などは、腸結石を発症するリスクが高くなります。


腸結石を持つ馬に見られる臨床症状は、腸結石の形状や大腸内の位置によって異なります。


時には、腸結石の存在はほとんど影響を及ぼさず、便を通して正常に排出されたり、軽度の疝痛を繰り返したりします。また、腸結石が完全に閉塞してしまい、重度の疝痛症状を引き起こすこともあります。

症状



●軽度で再発性の疝痛の既往歴

●糞便産生の減少または欠如

●軽度から中等度の仙痛徴候


疝痛とは:腹部臓器の疼痛およびそれに伴う腹痛を示す症状名。過食疝、痙攣疝、便秘疝、風気疝、変位疝、血栓疝、寄生疝に分類されます。

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●X線撮影

●手術

治療



※医学的管理

※手術

予防



※バランスのとれた食餌を与える。

※アルファルファの干し草、ふすま、マグネシウムおよびリン含有量の高い食餌を最小限にする。

※馬に十分な出走時間を与える(1日のうち50%以上を占める)

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280