内分泌系(馬)一覧

インスリン抵抗性(Insulin Resistance) ~ 馬のメタボリックシンドロームの主要な構成要素であり、馬の蹄葉炎の重要な危険因子

インスリン抵抗性(IR)は、馬のメタボリックシンドロームの主要な構成要素であり、馬の蹄葉炎の重要な危険因子です。 インスリン抵抗性とは、インス...

記事を読む

馬のメタボリックシンドローム(Equine Metabolic Syndrome (EMS)) ~ 肥満とインスリン抵抗性を特徴とする馬の内分泌系に関わる複雑な疾患

馬のメタボリックシンドローム(EMS)は、肥満とインスリン抵抗性を特徴とする、馬の内分泌系に関わる複雑な疾患です。 EMSは、馬の内分泌系に関...

記事を読む

馬の甲状腺機能低下症(Equine Hypothyroidism) ~ 甲状腺から十分な甲状腺ホルモン(TH)が産生されない状態

馬の甲状腺機能低下症は、高齢の馬に見られる内分泌疾患で、甲状腺から十分な甲状腺ホルモン(TH)が産生されない状態です。 甲状腺機能に影響を与え...

記事を読む

馬の甲状腺機能亢進症(Equine Hyperthyroidism) ~ 甲状腺が甲状腺ホルモンを過剰に作る内分泌疾患

馬の甲状腺機能亢進症は、甲状腺が甲状腺ホルモンを過剰に作る内分泌疾患です。 この症状は馬ではやや珍しく、過剰な量のヨウ素含有化合物(下肢用塗料...

記事を読む

馬の高脂血症(Equine Hyperlipidemia) ~ 小型馬、ロバ、ポニーに見られる、生命を脅かす重篤な病状

馬の高脂血症は、主に小型馬、ロバ、ポニーに見られる、生命を脅かす重篤な病状です。 高脂血症は、蓄えられた体脂肪が突然著しく減少することによって...

記事を読む

クッシング病(Cushing’s Disease) ~ 馬やポニーに最もよく見られる内分泌疾患の一つです

下垂体中間機能障害(PPID)は、一般的にクッシング病として知られており、馬やポニーに最もよく見られる内分泌疾患の一つです。 PPIDは高齢の...

記事を読む

無汗症(Anhidrosis) ~ 馬が適切に汗をかくことができない状態で、高体温症や熱中症になる危険性もあります

無汗症は、馬が適切に汗をかくことができない状態です。 汗をかくことができない馬は、通常の馬よりも早くオーバーヒートしてしまいます。運動中の体温...

記事を読む

スポンサーリンク
336×280