ぺっとくすり

ビタミンE欠乏症 ~ 脳軟化症・歩行トラブル



ビタミンEは、脂溶性のビタミンと抗酸化物質です。


天然のビタミンEには、8つの脂溶性アイソフォーム、α-、β-、γ-、およびδ-トコフェロールとα-、β-、γ-、およびδ-トコトリエノールが含まれています。


ビタミンEは、生殖系、筋肉系、循環系、神経系、免疫系の働きに必須です。ビタミンEはすべての体組織に蓄積され、肝臓に最も多く蓄積されます。


またビタミンEはあらゆる年齢の鶏にとって必須の栄養素であり、ビタミンEの欠乏はいくつかの障害を引き起こします。


●脳軟化症


脳軟化症は、脳の局所的な軟化の結果として、ニワトリの脳に永続的な組織損傷を引き起こす重篤な疾患です。


この型のビタミンE欠乏症は、高レベルのリノール酸系多価不飽和脂肪酸(多くの食用油に見られるような)と低レベルのビタミンEであるコハク酸ジラウリルを含む飼料を与えられているニワトリで最も頻繁に起こり、ニワトリで脳軟化症を誘発することが報告されています。


●滲出性素因(ED)


EDはニワトリのセレン欠乏の結果として発生し、主に毛細血管壁に影響を与えます。


観察される臨床徴候には、浮腫および出血に加えて、ニワトリの体の局部の皮膚の緑がかった青色の変色があり、しばしば弓なりの脚の姿勢および咽喉係止部の垂れ下がった嗉嚢(そのう)がみられます。


●栄養性筋ジストロフィー


栄養性筋ジストロフィーは、白筋病または栄養性ミオパシーとしても知られ、主にニワトリの横紋筋に影響を及ぼす疾患です。


栄養性筋ジストロフィーは、運動を制御する筋肉の進行性の衰弱と変性を伴います。罹患したひよこは、しばしば立ったり歩いたりすることができず、地面に足を横に広げて見られます。

鶏のビタミンEに関する推奨事項



家禽の栄養所要量で推奨されているビタミンEのレベルは非常に低く、ブロイラーと産卵鶏の生産性の向上にのみ基づいて決定され、免疫の強化や長期的な健康に関連するものではありません。 最新の調査研究に基づいて、さまざまな成長段階の鶏に推奨されるビタミンEは次のとおりです。


●初生雛(0-10週間)


50-100IU/kg


●若鶏(10-20週間)


30-35IU/kg


●産卵鶏(積極的に産卵する)


20-30IU/kg


●ブリーダー(20週間以上)*


50-100IU/kg


●ブロイラー/「肉鶏」品種の雛(0-18週)


80-100IU/kg


●ブロイラー/「肉鶏」品種*(19週間以上)


100-150IU/kg

臨床兆候



●運動失調

●斜頸

●筋肉のけいれん

●緑がかった青色の皮膚変色

●浮腫

●垂れ下がったそのう

●立ったり歩いたりすることができない

●O脚姿勢

●伸ばした足(足を突っ張る)

●産卵低下

●虚脱

●足でペダルを漕ぐような動作 

●産卵低下

●卵質不良

●出生率の低下

治療



●支持療法


鳥を群れから隔離し、安全で快適で暖かい場所に置き、ストレスのない生活をさせます。


●ビタミンEサプリメント


筋肉内投与(0.06mg/kg、7日間ごと)または経口投与(15mg/kg・単回、食餌なし)

予防



●ビタミンEと無機セレンを含む適切な栄養補助食品でバランスのとれた食餌を与えましょう。

●気密性容器に適切に保存された生後2週間以内の新鮮な飼料のみを用いる。

●有効期限を過ぎたビタミンを与えてはいけません。

●育成用飼料及びビタミンサプリを飼育するニワトリに与える。

抗生物質で治療後は必ず総合ビタミンミネラル配合剤ネクトンSを与えます
    体調不良のニワトリを抗生物質で治療後には必ずネクトンSを食品カプセルに入れて個々の…
キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280