産卵低下症候群 ~ 正常より小さい卵、殻のない卵、薄い殻の卵、または柔らかい殻の卵の産生



産卵低下症候群(EDS)は、国内の産卵鶏に発生するアタアデノウイルスによる疾患です。このウイルスはアヒルや水鳥に由来すると考えられており、これらの鳥はウイルスに感染していますが、病気の臨床徴候はありません。ブロイラー種と産卵鶏が最も重症傾向です。

産卵低下症候群の症状



多くの場合、感染の最初の徴候は卵の色の変化で、すぐに正常より小さい卵、殻のない卵、薄い殻の卵、または柔らかい殻の卵が産生され、急速または長期に40%までの産卵低下が起こります。臨床徴候は主に産卵と関連しています。

産卵低下症候群の診断



寒天ゲル沈降素(AGP)アッセイ、ELISA、赤血球凝集抑制(HI)、血清中和などのさまざまな血清学的アッセイの感度は、EDSウイルスに対する抗体の検出と同様です。

臨床兆候



●卵の色の変化

●軟卵

●殻なし卵

●産卵低下

●正常時より小さい卵

治療



二次的な生殖関連の合併症が発生しない限り、治療は通常必要ありません。

予防



●バイオセキュリティー


●ワクチン


オイルアジュバントを含む不活化ワクチンが利用可能であり、適切に使用されれば疾患を制御します。ウイルスの放出を減少させるが、予防はしない。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280