エチドノファーガ・ガリナセアン(Echidnophaga gallinacea) ~ ニワトリフトノミ



ニワトリフトノミ(sticktight flea)は、家禽に寄生する一般的なノミの種類の一つです。成虫のニワトリフトノミは小型(長さ1.4~4mm)で、赤褐色から黒色で、翅のない吸血性昆虫です。


彼らは宿主の皮膚に頭を埋め込み、吸血し、19日間までそこに留まることがあります。


分布:世界中の熱帯、亜熱帯、温帯に生息しています。


宿主:家禽は、ニワトリフトノミの主要な宿主ですが、飼い犬およびネコでも一般的になっています。犬や猫では、足の指の間や耳の周りによくみられ、ダニとよく間違われます。


これらのノミは犬や猫だけでなく、馬、豚、ジリス、ウサギ、齧歯類、さらには人間でも報告されています。


ノミのライフサイクルは温度によって異なりますが、約1~2カ月かかります。成虫の雌ノミは鳥に付着したまま夜に産卵し、卵は地面に落ち、4日ほどで小さなミミズのような幼虫が卵から出てきます。


成虫のノミの有機物や糞を食べ、敷料や土の下に隠れます。幼虫は数回脱皮してから土の中に潜り込み、成虫のノミに成長するところで繭を作ります。


この過程には約2週間かかります。成虫になったノミは、ニワトリに寄生します。

分類



目:ノミ目(Siphonaptera)

科:ヒトノミ科(Pulicidae)

属:エチドノファーガ(Echidnophaga)

宿主



●鳥

●犬

●猫

●げっ歯類

関連疾患



ノミの侵襲

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)