東部馬脳炎(Eastern Equine Encephalitis) ~ 東部ウマ脳炎ウイルスを病原体とする人獣共通感染症



東部馬脳炎(EEE)は、蚊が媒介するウイルス性の致死性疾患で、馬の中枢神経系に影響を与えます。


この病気は、トガウイルス科アルファウイルス属の一種であるEEEウイルス(EEEV:イースタン・エクイン・エンセファリティス・ウイルス)によって引き起こされます。


すべてのアルファウイルスは、国の規制機関によって報告義務のある病気です。EEEVは、感染した蚊に刺されることで馬に感染します。


EEEは、1831年にマサチューセッツ州の馬で初めて発生したことが報告されました。


その7年後の1838年には、同じ場所で人間にも初めて発生したことが記録されています。米国では、南東部の州(ノースカロライナ州、サウスカロライナ州、アラバマ州、ルイジアナ州、フロリダ州)で定期的にEEEが散発的に発生しています。


これらの地域でEEEに感染した馬の報告のほとんどは、ワクチン接種を受けていなかった馬、獣医師ではなく馬主が不適切なワクチン接種をした馬に関連しています。


南米の馬で単発および小規模なアウトブレイクが報告されています。


EEEは通常、馬の発熱から始まります。


発熱は40℃に達することもありますが、脳症の兆候が明らかになるとすぐに38~39℃まで下がります。馬のEEEに関連する臨床症状は進行性で、食欲不振や抑うつなどの非特異的な一般症状も見られます。


神経学的徴候が現れ始めると、行動の変化、頭部圧迫、歯ぎしり、過興奮、失明、耳の垂れ下がり、舌が口から突き出ている、頭が低く垂れ下がっている、まぶたのわずかな腫れ、弛緩した唇、嚥下困難、重度の運動失調、ふらつき、麻痺、横になったまま起き上がれないなど、非常に多岐にわたります。


EEEにかかった馬のほとんどは回復せず、回復した馬も中枢神経系に後遺症が残ることが多いです。

伝播



EEEVは、感染した蚊に刺されることで馬に感染し、感染した鳥が病原巣となって増幅し、鳥~蚊の感染サイクルを形成します。

潜伏期間



潜伏期間は5~14日。

症状



●発熱(38℃~40℃)

●行動の変化(抑うつ、自傷行為)

●心拍数の上昇

●食欲不振

●目的もなくさまよう

●頭部圧迫

●頭の傾き

●脱毛

●歯ぎしり

●失明

●顔面神経麻痺

●頭が低く垂れ下がっている・耳が垂れている

●舌が口から突き出ている

●運動失調

●体重減少

●フラフラの状態

●完全麻痺

●昏睡

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●リアルタイムPCR

治療



※報告

日本では、家畜伝染病予防法では日本脳炎とともに「流行性脳炎」の名で法定伝染病に指定されていますが、2014年までに報告事例はありません。

※支持療法

予防



※ワクチン接種-移動するすべての馬は、到着の30日前にワクチンを接種する必要があります。

※バイオセキュリティ

予後



EEE感染症の生存率は低く、馬は通常、症状が出てから3~5日後に死亡します。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280