小型膵蛭 ~ 牛、めん羊、ヤギ、水牛、豚、ラクダ、サル、ヒト、野ウサギなどの膵管ときに十二指腸に寄生



小型膵蛭(ユウトレーマ・コエロマティクム:Eurytrema coelomaticum)、体長5~8、体幅3~5mm、中央部がもっとも幅広い。膵蛭との主要な差異は、腹吸盤・口吸盤比が膵蛭は1.0以下、小型膵蛭は1.0以上であり、精巣は本種では分葉せず、円形ないし楕円形です。


虫卵は、42~53 x 23~38㎛、分布は膵蛭とおなじです。

スポンサーリンク
336×280