亜鉛中毒症 ~ 赤血球や膵臓、砂嚢に損傷を与えます



亜鉛中毒症は、アヒルなどの家禽および野生の水鳥でいくぶん頻繁に起こります。野生のアヒルやカモ類では通常、環境への汚染や、湖、小川、川、貯水池などの自然の水域への意図的な重金属の投棄が原因です。家畜のアヒルでは、亜鉛を含む小さくて光沢のある金属をアヒルが食べた結果が最も多いです。


アヒルが亜鉛の物体を摂取すると消化管がその物体を分解し始め、亜鉛のコーティングが放出され体内に吸収されます。亜鉛はいったん吸収されると、アヒルの赤血球や膵臓、砂嚢に損傷を与えます。


亜鉛中毒症は、摂取された亜鉛の量および、または亜鉛を含む物体がアヒルの血流に吸収される速さに応じて、急性または慢性型として現れます。また、亜鉛中毒は鉛中毒に類似します。


亜鉛及び亜鉛化合物は、鋼又は鉄の亜鉛めっき、黄銅、青銅及び他の合金金属の製造に使用されます。「屋外用 」として販売され、販売されている鉄鋼製品のほとんどは、亜鉛メッキされている可能性が高いことに留意することが重要です。


亜鉛は以下のような製品に含まれています。


●金属器具類


釘、ボルト、配管ナット、ナット、ワッシャー、ねじ、ステープルなど


●亜鉛メッキ金属


金物布、フェンス材、被覆金属網線、金属ボウルなど


●人体ケア用品


フケ防止シャンプー、消臭剤、おむつかぶれ軟膏には亜鉛が含まれています。


●その他の小さな金属の物体


ジッパー、鍵、モノポリーゲームピース、鳥のおもちゃ、防汚塗料


●環境


汚染された土壌、植物、または水。


●防汚塗料


●肥料


●不適切に混合された水鳥または家禽の飼料

症状



●抑うつ

●衰弱

●口渇の増加

●発作

●緑黄色の糞

●凝り

●チアノーゼ

●協調運動障害

●後部麻痺/麻痺

●食欲不振

●体重減少

●不妊

●嘔吐

●嗜眠

治療・サポート



●支持療法


●EDTAカルシウム


30~35 mg/kg、筋注、1日2回、 5日間


●D-ペニシラミン


30mg/kg経口、1日2回、最低7日間


●手術


通常、アヒルが金属物体などの異物を摂取した場合に必要です。

予防



※すべての新しい亜鉛メッキされたケージを酢などの弱酸性溶液でこすり洗い、乾燥させると、亜鉛レベルが低下する可能性があります


※アヒルが飼われている場所や、たとえ一時的なものであっても、どんな環境に置かれているかにかかわらず、有害な可能性のある金属を放置しておくことに注意してください。


※屋外の囲いを設置する場合は、完成時に亜鉛メッキされたナット、ボルト、釘などの破片を注意深く探して取り除いてから、アヒルを放してしてください。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280