ビタミンD欠乏症 ~ アヒルのヒナのビタミンD値が不十分な場合、低カルシウム血症またはくる病を発症し発育を妨げます



ビタミンDは、カルシウムホメオスタシスを調節する脂溶性ビタミンであり、骨の健康に不可欠です。食餌から直接摂取することも、または体への照射から得ることができます。


ビタミンDの2つの最も顕著な形態は、エルゴカルシフェロール(ビタミンD2)およびコレカルシフェロール(ビタミンD3)です。ビタミンDは通常、皮膚の7-デヒドロコレステロールに作用する紫外線 (UV) によって生成されますが、飼料からも吸収されます。


また、季節、地理的緯度、時刻、雲量、スモッグ、および皮膚メラニン含有量は、 UVB照射曝露およびビタミンD合成に影響を及ぼすいくつかの因子のうちの1つです。完全な雲量はUVBエネルギーを50%減少させます。日陰にすると60%減ります。ビタミンD3は、紫外線 (UV) 光への曝露および変敗多価不飽和脂肪酸 (PUFA) の存在下での過酸化によって破壊されます。


ビタミンAやEと同様に、ビタミンD3は安定化されない限り、酸化によって破壊され、酸化は熱、水分、微量ミネラルによって増加します。ビタミンD3は、脂溶性ビタミンと同様に脂肪とともに腸管から吸収されます。他のものと同様に、吸収には胆汁酸(胆汁酸塩)の存在が必要です。

ビタミンD欠乏症の臨床徴候



アヒルの食餌に十分な量のビタミンDが含まれていないと、カルシウムがうまく吸収されず、カルシウム不足になります。そのため、十分なカルシウムを摂取しても産卵率が低下したり、卵殻が異常になることがあります。


発育中のアヒルの子のビタミンD値が不十分な場合は、低カルシウム血症またはくる病を発症し、発育を妨げます。ビタミンD欠乏症は、心血管疾患、皮膚疾患、癌、および自己免疫疾患とも関連しています。

アヒルにおけるビタミンD3の栄養所要量



アヒルのビタミンD3の必要量は200IU/kgです。ビタミンDの必要性は、カルシウムとリンの比率に大きく依存しており、アヒルのビタミンD要求量は、カルシウムおよび (または) リンのレベルが不十分であるか、またはこれらのミネラルの飼料中の比率が不適切であるために数倍に増加します。

症状



●産卵低下

●卵殻質不良

●薄い卵の殻

●成長の鈍化

●羽毛の異常な黒化

●軟らかい海綿状の嘴と骨

治療・サポート



●食餌へのビタミンD3補給

●日光への暴露を増やす

Amazon | パピエシー ネクトン S 35g | パピエシー | ヘルスケア 通販
パピエシー ネクトン S 35gがヘルスケアストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280