ビタミンB6欠乏症 ~ 食欲がほとんどなく、発育不良、軟骨異栄養症、および特徴的な神経行動を示す



ビタミンB6はピリドキシンとも呼ばれ、アヒルの体が神経細胞から神経細胞へと信号を伝達するいくつかの神経伝達物質を作るのを助けます。また、アミノ酸の分解に関与する酵素を含むいくつかの酵素に必要です。

臨床症状



ビタミンB6欠乏食を与えられた雛は食欲がほとんどなく、発育不良、軟骨異栄養症、および特徴的な神経行動を示します。脚をぎくしゃくと神経質に動かしたり、あてもなく走り回ったり、羽をばたつかせたり、地面に頭をもたせかけてしゃがんだりします。


慢性境界型B6欠乏症はペローシスを引き起こします。通常、片足がひどく不自由になり、中指の一方または両方が最初の関節で内側に曲がることがあります。

アヒルのビタミンB6のための食餌療法の推奨事項



アヒルとガチョウは、ビタミンB6を5~7mg / kg摂取する必要があります。

症状



●顔面腫脹

●衰弱

●食欲がない

●発育不全

●羽を広げてしゃがむ

●地面に頭部を付けて横たわる

●協調運動失調

●興奮しやすい

●ペローシス

●震え

●むやみに走っている

●翼の下垂

●痙攣

治療・サポート



●ビタミンB6


ビタミンB6またはビタミンB6が豊富な食品または経口サプリメントを与えます。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280