アヒルペスト(アヒルウイルス性腸炎) ~ ヘルペスウイルスによって引き起こされる急性の伝染性疾患



アヒルペストは、アヒルウイルス腸炎 (DVE) としても知られ、ヘルペスウイルス1型 (AnHV‐1) によって引き起こされる急性の伝染性疾患です。この病気の重症度は、ウイルス株と感染したアヒルの種の耐性によって異なります。

アヒルペストの危険因子



このウイルスに特に感染しやすいのは、ノバリケンやミカヅキシマアジなどのカモ類ですが、他のカモ類は耐性が強いようです。


オーストラリアを除き、世界中で、野生および家禽の両方で伝染病の発生が記録されています。大部分のアウトブレイクは春から初夏にかけて発生し、あらゆる年齢のアヒルやカモ類はアヒルペストにかかりやすいが、最も一般的に見られるのは成熟した成体のアヒルです。

アヒルペストとは



アヒルペストは、心臓、肝臓、食道、腸の出血および口腔粘膜の潰瘍(舌の下に見られる)を引き起こします。感染から生き延びたアヒルは、回復すると口の中にかさぶたや傷ができることがあります。成体アヒルで観察される一般的な臨床徴候は以下の通りです。


●陰茎脱


成体の雄のアヒルは陰茎の脱出により死亡する。


●衰弱


アヒルは、立ったり頭を上げたりすることができないほど弱っていて、翼の下垂もよく見られます。


●下痢


感染したアヒルは、血性または緑がかった水様性の下痢を総排泄腔に認めます。


●多飲症


過度の口渇による水分摂取の増加。


●全身疾患徴候


嗜眠、発熱、食欲減退、部分的なまぶたの閉じ、光過敏、羽毛の膨羽、抑うつ。


感染したアヒルが死んでいるのを発見されることもあり、その前には病気の臨床徴候は見られない。これは特に、ノバリケンのような感受性の高い種に当てはまります。


※幼若アヒルが罹患した場合(典型的には2~7週齢の間)、最もよく観察される臨床徴候は以下の通りです。


●流涙(涙ぐんだ目)

●脱水

●体重減少

●鼻汁

●血で汚れた総排泄腔。

●口腔内の血性液体

●青い色のくちばし

●結膜炎

アヒルペストの診断方法



アヒルペストは通常、総排泄腔、鼻孔または口に存在する血液を示す臨床徴候から診断されます。しかしながら、臨床徴候の多くは他のいくつかの疾患と類似しているため、アヒルウイルス性肝炎、壊死性腸炎、鉛中毒、およびパスツレラ症と鑑別する必要があります。

アヒルの感染経路



アヒルペストは垂直(卵から孵化しているアヒルまで)または水平(感染した鳥との直接的な接触を通じて、または汚染された環境から間接的に)に広がります。


野生の移動性または放し飼いの水鳥は、ウイルスのサイレントキャリアであることで知られており、感染の臨床徴候を示しません。


この病気は、住宅地や都市の池などで、水鳥と野生の水鳥が互いに接触するときによくみられます。アヒルペストから回復したアヒルは、通常は生涯保菌者であるため、糞中にウイルスを排出し、その後数年間他の鳥を感染にさらすことがあります。また、ウイルスは環境中で長期間生存することができます。

潜伏期間はいつですか?



アヒルにおけるアヒルペストの潜伏期間は3~7日です。初期の臨床徴候が現れた後、ほとんどのアヒルは1~5日以内に死亡します。

臨床兆候



●頸部の筋力低下

●翼の下垂

●陰茎脱

●緑色の水様性または血性下痢

●汚れた総排泄腔

●過度の口渇

●流涙(涙目)

●食欲不振

●抑うつ/嗜眠

●膨羽

●運動失調

●呼吸困難

●光に敏感

●痙攣

●麻痺

●急死

●血性鼻汁

治療・サポート



●ワクチン接種

●支持療法

予防



※ワクチン接種 : 弱毒生ワクチンによるアヒルの予防接種

※新しいアヒルを既存の鳥の群れに導入する前に、少なくとも30日間隔離する。

※野生の水鳥との接触を防ぐ。

※衛生管理

スポンサーリンク
広告336×280